持続可能な海洋管理への道筋における資源動員および能力開発のギャップを埋めるための「10年行動のための新たな呼びかけ」第07/2024号

IOC/UNESCO

持続可能な海洋管理への道筋における資源動員および能力開発のギャップを埋めるための「10年行動のための新たな呼びかけ」第07/2024号

持続可能な海洋管理への道筋における資源動員および能力開発のギャップを埋めるための「10年行動のための新たな呼びかけ」第07/2024号 2048 1536 海の10年

10年間の行動計画No. 国連持続可能な開発のための海洋科学の10年」(以下「海洋の10年」という。国連持続可能な開発のための海洋科学の10年」(「海洋の10年」)は、「10年行動」のための資金動員および能力開発に取り組んでいる。

2024年「海洋の10年」会議に先駆けて開始された「10年行動の呼びかけ」第07/2024号は、「海洋の10年」行動を支援するための「海洋の10年能力開発ファシリティ」の一環として、資金と資源のギャップを埋めるとともに、能力開発における新たなイニシアチブを奨励することを目的としている。これは、「ビジョン2030」プロセスの成果が確定する時期であり、既存の「10年行動」を支援・強化するための新たな貢献やプロジェクトを喚起することに重点を置いている。

2024年3月、「海洋の10年」は、承認された「10年行動」が500を超えるという重要な節目を迎えた。この地球規模の生態系の継続的な発展と有効性を保証するためには、現在の「10年行動」に対する現物および資金的資源の必要性における顕著なギャップに対処しなければならない。海洋の10年」の野望を実現するには、既存および新規のパートナーからの海洋科学への資金提供を大幅に増やす必要がある。

能力開発はまた、「10年目の行動」の永続的な効果を保証するための「呼びかけ」の重要な要素でもある。海洋科学における地理的、世代的、性別的な格差を考慮し、「海洋の10年」能力開発基金は、持続可能で科学的根拠に基づく海洋解決策を世界中で提供できるよう、個人や機関の能力開発を支援する。

10年行動要請 No.07/2024の構成

パート I - 「10年プログラム」に対する関心表明

募集の第一部は、Vision 2030のプロセスで特定された最初の優先順位に沿って、10の「10年課題」のいずれかに取り組むことを目的とした「10年プログラム」 提案の 可能性に関する関心表明(EOI)を対象とする。

パート II - 海の10年プロジェクト

プロジェクト・レベルでは、26の承認された「10年計画」(既存の承認された「10年計画」全体の3分の2以上)が「10年計画」の提出を求めている。下記および「申請者のためのガイダンス・ノート」の付属書Iをご参照ください。 応募者向けガイダンス・ノートをご参照ください。

パート III - 海洋の10年への貢献

(i)「10貢献」を募集している23の「10年プログラム」の優先的ニーズ、(ii)「10年協力センター」と「調整事務所」の優先的ニーズ、新組織設立の支援、および/または、(iii)「海洋の10年」能力開発ファシリティーに貢献する能力開発イニシアティブ。

詳細はガイダンス・ノートの付属書を参照のこと。

10年アクションの呼びかけNo.07/2024に参加するには

関心のある当事者は、「海の10年」ネットワークで入手可能なオンライン・フォーム「Request for Endorsement」に必要事項を記入し、提出してください。提出する「行動」の種類によって、オンラインフォームの種類や提出期限が異なりますのでご注意ください。

提出書類の準備期間中、関心のある当事者には、共通の課題に取り組んでいる他の機関やパートナーと相談し、可能であれば協力することを強く推奨する。海洋の10年」ネットワークは、潜在的なパートナーや協力の機会を特定するためのプラットフォームを提供します。パートナーシップを構築するためのメカニズムに関する詳細は、本募集に付随するFAQ文書に記載されています。

私たちは オンラインQ&Aセッション を開催し、「10年行動の呼びかけ」に関する質問を関係者に提供しました。録画は下記をご覧ください:

追加情報またはお問い合わせ oceandecade@unesco.org件名に「Call for Decade Actions No.07/2024」と明記してください。

***

海洋の10年」について
国連総会によって2017年に宣言された「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」(2021年〜2030年)(以下「海洋の10年」)は、海洋システムの状態の衰退を逆転させ、この巨大な海洋生態系の持続可能な開発のための新たな機会を触媒するために、海洋科学と知識生成を刺激することを目指している。海洋の10年」のビジョンは、「私たちが望む海洋のために必要な科学」である。海洋の10年」は、海洋システムのより良い理解を達成するために海洋科学の進歩を加速し、活用するために必要な科学的知識とパートナーシップを開発し、2030アジェンダを達成するための科学的根拠に基づく解決策を提供するために、多様な分野の科学者と利害関係者のための招集枠組みを提供する。国連総会は、ユネスコの政府間海洋学委員会(IOC)に「海洋の10年」の準備と実施の調整を委任した。

応募を受け付けている「海の10年」プログラムは、以下の26項目です。

  1. 世界の海兵隊とコンベア
  2. 海洋音響環境に関する「海洋の10年」研究計画(OD-MAE)
  3. 若手海洋専門家プログラム(ECOPs)
  4. オーシャン・ボイス10年の成果を達成するための変革の道筋の構築
  5. マリンライフ2030
  6. 海洋生体分子観測網(OBON
  7. 国連「持続可能な開発のための海洋科学の10年」に向けて女性の力を高めよう
  8. 地球海洋酸素の10年(GOOD)
  9. グローバルな知識ネットワーク(SmartNET)による海洋生態系の持続可能性
  10. 日本財団-GEBCO海底2030プロジェクト(Seabed 2030)
  11. 海洋生態系の持続可能性・予測可能性・回復力(SUPREME
  12. 深海観測戦略(DOOS)
  13. 海のデジタルツインズ(DITTO)
  14. CoastPredict - 全球沿岸海洋の観測と予測に向けて
  15. 大河川に伴う三角州:持続可能性の問題に対する解決策を探る(メガデルタ)
  16. グローバル・エコシステム・フォー・オーシャン・ソリューション(GEOS
  17. トワイライトゾーン海洋ネットワークの共同探査(JETZON)
  18. 持続可能な海洋酸性化研究(OARS)
  19. グローバル・オーシャン・マイナス・カーボン・エミッション(Global ONCE)
  20. 海洋から気候へのシームレス予測システム(OSF)
  21. アフリカにおける栄養に配慮した海洋水産養殖(AfriMAQUA)
  22. デジタル深海典型生息域 (デジタルDEPTH)
  23. 栄養塩汚染 - グローバル・アクション・ネットワーク(NP-GAN)
  24. 10年後の海のベストプラクティス
  25. 海洋・沿岸域地球環境モニタリングシステム(GEMS海洋)計画
  26. 海の10年津波プログラム

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。