グローバルアクション

海の10年」エコシステム

世界海洋の10年」のコーディネート

IOC事務局

ユネスコの政府間海洋学委員会(IOC)の事務局は、海洋観測、津波警報、海洋空間計画などの分野における多種多様なプログラムを調整しています。事務局は、加盟国がSDG14へのコミットメントを達成できるよう、加盟国の科学的・制度的能力の構築を支援します。事務局は、国連総会から「海洋の10年」の作業全般を調整するよう委任されています。

ディケイド・コーディネーション・ユニット

IOC事務局内にある「10年の調整ユニット」(DCU)。海洋の10年」の日々の運営と実施を管理する中心的な役割を担っています。

ディケイドアドバイザリーボード

15人のメンバーで構成される「海洋の10年」諮問委員会は、「海洋の10年」の実施に向けて戦略的な技術的助言を行います。

海洋の10年」アライアンス

海洋の10年アライアンス」は、「海洋の10年」に向けた大規模な資源の投入を、ネットワーク、資源の動員、影響力を通じて促進することを目的とした、著名なパートナーによるハイレベルなグループです。詳細はこちらをご覧ください。

10年共同センター(DCC)および10年コーディネーションオフィス(DCO)

10年共同センター(DCC)と10年調整事務所(DCO)は、地域またはテーマレベルでの「10年行動」の調整と触媒の役割を通じて、「海洋の10年」に的を絞った支援を提供します。DCCとDCOは、「海洋の10年」に貢献する多様なステークホルダー間の協力を強化し、科学の効果的な共同設計と取り込みを促進し、リソースの利用を最適化します。

10年目の実施パートナー

10年実施パートナー」は、国連以外の地域や国際的なステークホルダー組織で、「海洋の10年」の正式なガバナンスや調整構造の外に位置し、「10年調整ユニット」や「10年調整事務所」や「10年協力センター」などの分散型調整構造に的を絞った支援を行います。

インフォーマル・ワーキング・グループ