チャレンジャー150アフリカ深海研究者ネットワークがアフリカの深海研究能力強化のためのステップを提案

チャレンジャー150

チャレンジャー150アフリカ深海研究者ネットワークがアフリカの深海研究能力強化のためのステップを提案

チャレンジャー150アフリカ深海研究者ネットワークがアフリカの深海研究能力強化のためのステップを提案 2560 1440 海の10年

アフリカ深海研究者ネットワークは、深海研究の世界的な能力格差の大きさを認識し、参加型アプロー チを活用することで、アフリカにおける深海研究の能力強化を目的とした、短期、中期、長期の 一連の方策を提案する。 アフリカにおける深海調査の能力を強化することを目的とした一連の短期、中期、長期の対策を提案する。.

アフリカの海洋深部の生物多様性は経済的な展望をもたらす一方で、重要な生態系サービスを支えており、持続可能な開発はこれらのシステムに関する知識にかかっている。深海生態系に対する理解を深めることが重要だが、そのための各国の能力には大きな差がある。2024年「海洋の10年」会議に合わせ、チャレンジャー150 アフリカ深海研究者ネットワーク(ANDR)は、「アフリカにおける深海研究の能力強化のための実践的行動」に関する報告書を発表した。 ANDRは、一連のオンラインワークショップを通じて、アフリカ19カ国から98人を集め、アフリカにおける深海研究の課題について議論し、それらを克服するための解決策を特定し、今後の実践的行動を提案した。

課題

アフリカで深海研究に参入し、この分野を発展させるための課題や障壁は、いくつかの広範なテーマに当てはまる:社会的障壁や断絶、限られた専門知識、インフラの欠如、不十分な財源、限定的で閉鎖的な協力関係やパートナーシップ、ガバナンスの課題。これらの例としては、深海に触れる機会や認識が限られていること、学術的な指導者がいないこと、専門家の定着率が低いこと、政府からの資金提供が不十分であること、共同研究が不均衡であることなどが挙げられる。

解決策と提案された措置

能力強化のために取り得る実際的な行動は、特定された課題を克服するための解決策のアイデアによって知らされた。これらは6つのテーマに焦点を当てている:

  1. 海洋リテラシーの取り組み
  2. 人的能力開発
  3. 段階的なインフラ整備
  4. 資金調達
  5. コラボレーション、ネットワーキング、パートナーシップ
  6. ガバナンス、法的枠組み、政策の改善。

短期的な活動(1~2年)では、ANDRの強化、研修・研究の機会の促進、専門家と資源の目録作成、研修・研究の優先事項の特定、パートナーの関与に重点を置く。中期的な活動(2~5年)には、研修イニシアティブの実施、研究プロジェクトを支援するための資金調達、技術移転が含まれる。長期的(5~10年以上)には、広範な研修、カリキュラムの統合、地域研究プログラム、政策への影響力が鍵となる。

これらの活動は、「海洋の10年」アフリカ・ロードマップの優先事項に沿ったもので、持続可能な海洋管理、観測、予測、初期キャリア研究者の能力開発を支援する。

チャレンジャー150プログラムの共同リーダーであるケリー・ハウエル教授は、「この報告書は、国連海洋の10年とチャレンジャー150プログラムの深海調査の世界的能力を拡大するというコミットメントに重要な貢献をするものです。この報告書は、深海調査に積極的に従事する国や関係者の数を増やすという、私たちの宣言した成果の重要な第一歩です。チャレンジャー150の広範なコミュニティは、ANDRが次のステップに進むのを支援する用意がある」。

提案された行動を実施することは、科学の進歩を促進し、海洋保全と資源管理を支援することになる。また、アフリカのコミュニティーや空間に影響を与える国際的なプロセスへのアフリカ人研究者の参加を広げることにもなる。今後、ANDRは提案された活動のいくつかを実施するための資金を積極的に求めており、その実施を支援するための協力関係を歓迎する。

本報告書の作成と公表は、海洋研究に関する科学委員会、英国科学・イノベーションネットワーク、グローバル・チャレンジ研究基金ワン・オーシャン・ハブ・プロジェクト、プリマス大学、アヴェイロ大学、南アフリカ国立生物多様性研究所から資金提供を受けた。

全レポートのダウンロードと閲覧はこちらから: https://doi.org/10.24382/gxbv-sp22.

詳しくは、カースティ・マクウェイド(k.mcquaid@sanbi.org.za)、アグネス・ムトゥンビ(amuthumbi@uonbi.ac.ke)、またはイザ・エレグベデ(isaelegbede@gmail.com)まで。

ANDRについて
アフリカ深海研究者ネットワーク(ANDR)は、「国連海洋の10年」に承認されたチャレンジャー150プログラムの下、アフリカの深海研究能力を強化し、世界的な研究格差に対処するために設立された。深海研究とは、水深30m以深(スキューバダイビングを除く)の船舶から行われる研究と定義され、この領域での能力は深海(水深200m以上)での研究の前段階であると認識されている。現在、メンバーはアフリカ27カ国、140以上の機関を代表する250人以上で構成されている。

参加登録はこちらから:bit.ly/ANDRregistration.

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。