チャレンジャー150号 - 深海生物研究の10年

チャレンジャー150号 - 深海生物研究の10年

チャレンジャー150号 - 深海生物研究の10年 1920 1272 海の10年

リード機関です:

深海スチュワードシップ・イニシアティブ(DOSI) - グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(英国)

Challenger 150は、深海を持続的に管理するために必要な科学を提供することを目的とした世界的な協同組合です。

その中心となるのは、深海の生態系の健全性を維持するために協力するスチュワードの世界的な世代を達成するために、特に経済発展途上国における深海の専門知識を開発することです。さらに、新技術の開発と観測の拡大を支援することで、深海生物の多様性、分布、機能、サービスについての理解を深め、この新しい知識を用いて深海のより良い管理と持続可能な利用を教育、刺激、促進することを目指しています。

開始日01/01/2021
終了日31/12/2030

本プログラムは、以下の「海洋の10年」プロジェクトを主催しています。

深海ゲノムプログラム

ワンオーシャンハブ研究プログラム4

海底資源採掘と復元力 実験的影響に対して

アリューシャン海溝の生物多様性研究(AleutBio)

アイスディバ

開発に直面する深海の脆弱性

採掘から考える深海の保全

北東太平洋深海探査プロジェクト

リードコンタクトKerry Howell(kerry.howell@plymouth.ac.uk)およびAna Hilário(ahilario@ua.pt)

チャレンジ150の最新ハイライトをご覧ください:

課題人類と海洋の関係を変える、海洋のデジタル表示を作成する、持続可能で公平な海洋経済を発展させる、世界海洋観測システムを拡大する、生態系と生物多様性を保護・回復する、技能・知識・技術をすべての人に提供する、世界人口に持続可能な食糧を供給する、海洋汚染を理解し、海洋汚染を防止する、気候変動に対する海洋ベースの解決策を解き明かす。
OCEAN_BASINS:すべての海洋盆地
タイプ_オブ_アクションプログラム

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。