ニュース

IOC-UNESCO、プラダグループと共同で、ミラッツォ海洋博物館「MuMA」のデジタル化を支援

プラダグループ 08.06.2022

2022年6月8日の世界海洋デーを記念して、ユネスコ政府間海洋学委員会、ユネスコ欧州科学文化局プロジェクトオフィス、プラダグループは、ミラッツォの古城にある絵のように美しい「サンタマリア城」内にある「ムーマ -ミラッツォ海洋博物館」が、その空間とコンテンツのデジタル化を完了したと発表しました。

5月20日にラヴェンナで開催された欧州海事デー(EMD)2022において、欧州委員会の海事・漁業総局(DG Mare)から「EU4Ocean賞」が授与されました。

この賞の受賞により、来館者の年齢に合わせて4段階にカスタマイズできるバーチャルツアー、タッチスクリーンのトーテム、デジタルミュージアムガイド、視覚・聴覚障害者が利用しやすいようにマルチメディアに対応したコンテンツ、インタラクティブな教育ゲーム、バーチャルリアリティ体験、マルチメディアアートインスタレーションなど、幅広いインタラクティブコンテンツを制作することが可能になりました。

数ヶ月前、健康上の問題から日常生活にデジタルソリューションを取り入れる必要に迫られたとき、私たちはユネスコの協力を得て、文化や教育との新しい関わり方を生み出すことができるプロジェクトをいくつか選びました。プラダグループの社会的責任担当責任者であるロレンツォ・ベルテッリは、「私たちのビジョンに基づき、MuMaは、科学と芸術が常に対話し、人間と海の調和を再発見することを意図しています」と述べています。

海洋生物学者でMuMa-Milazzo Sea Museumの館長であるCarmelo Isgrò氏は、「プラダグループの支援を受け、ユネスコ欧州科学文化機関と共同で実現したこの素晴らしいプロジェクトにより、MuMaは世界中に知られ、マッコウクジラSisoの声を広め、蘇らせ、意識を高め、希望に満ちた未来はまだ可能だと証明しています」と強調しています。

ミラッツォ海洋博物館は、2017年夏にエオリア諸島で違法な漁網に絡まり、漂着して死亡したマッコウクジラ、愛称「シソ」の感動的な物語から誕生しました。胃の中にはクジラが生きている間に摂取した大量のプラスチックが含まれていた死骸を驚異的に回収した後、生物学者のカルメロ・イスグロが骨格を復元した。現在、この骨格は博物館の目玉として、クジラを殺した違法な網や摂取したプラスチックと一緒に展示され、海の保護と保全の必要性を啓発することを目的としています。

***

バーチャルツアー 

博物館の歴史