汚染物質と海洋毒素の3Dセンサー

汚染物質と海洋毒素の3Dセンサー

汚染物質と海洋毒素の3Dセンサー 1920 1080 Ocean Decade

リード機関です:

Federal University of Santa Catarina – Brazil

This interdisciplinary project propose the development of 3D sensors for in loco monitoring of emerging compounds and marine toxins in the coastal ecosystem.

The occurrence of several emerging contaminants from effluents, in addition to presenting a risk to health, lead to the accumulation of rich nutrients for the proliferation of harmful algae, with the consequent release of toxins. This fact poses a risk to shellfish and oyster farmers, leading to economic losses and health risks due to poisoning through the ingestion of contaminated shellfish and oysters. Thus, two work fronts are proposed here using 3D printed sensors. The first will be the multi-analysis in loco of emerging contaminants in the marine ecosystem. The second will include the development of immunosensors for marine toxins from red algae. They will be more practical and economical solutions with the generation of quick responses (portable potentiostats and 3D sensors) that are easy for users to understand.

Start date: 01/01/2023
End date: 31/12/2025

Lead Contact: Iolanda Cruz Vieira (iolanda.vieira@ufsc.br)

課題1- 海洋汚染への理解と対策、2- 生態系と生物多様性の保護と回復、3- 持続可能なブルーフード。
ocean_basins:南大西洋
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。