世界海洋データベース・クラウド

世界海洋データベース・クラウド

世界海洋データベース・クラウド 2560 1707 海の10年

リード機関です:

アメリカ海洋大気庁(NOAA) - アメリカ合衆国(USA)

世界海洋データベース・クラウド(WODc)の目的は、クラウドに最適化されたフォーマットと、クラウド上で直接フォームを利用するように設計された解析ツールを通じて、歴史的および最新の地下海洋データに公平かつタイムリーにアクセスすることである。

Open-GTSは、海洋の地下データを含む、高速で完全なほぼリアルタイムのデータ配信のために構築されています。WODcにOpen-GTSを組み込むことで、最新の海洋観測データを含む海洋時系列モニタリングが可能になる。クラウド分析ツールを備えた2つのデータフローが利用可能になることで、海洋変化の歴史と現在のモニタリングが、世界中の指先で即座にわかるようになる。

本プロジェクトは、国連持続可能な開発のための海洋科学の10年(OceanData 2030)を支援する海洋データ・情報システム「海洋の10年プログラム」が主催しています

開始日21/04/2022
終了日21/12/2025

リード・コンタクトティム・ボイヤー(tim.boyer@noaa.gov)

課題7-海洋観測、8-海洋のデジタル表示、9-能力開発
海洋海盆北極海、インド洋、北大西洋、北太平洋、南大西洋、南太平洋、南氷洋
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。