セントローレンス湾の海洋酸性化

セントローレンス湾の海洋酸性化

セントローレンス湾の海洋酸性化 2560 1707 海の10年

リード機関です:

モーリス・ラモンターニュ研究所 - カナダ

海洋酸性化はセントローレンス湾(GSL)において特に重要である。河川流出量が多く、一次生産物が深層に向かって運ばれ、溶存無機炭素に再塩化されてpCO2が増加し、pHと炭酸カルシウムの飽和度(ω)が低下するからである。

Lavoieらは、河口、北西GSLとマグダレンシャローズの中層で、大きな日および季節変動があり、より高い酸性化が起こっていることを示した。多くの海洋生物種がOA条件によって悪影響を受ける。OAの閾値は非常に種特異的であり、期間依存的である。モニタリングは、実際のOA状態に関する情報を提供するが、その期間に関する情報は提供しない。

このプロジェクトは、「海洋の10年」プログラムOcean Acidification Research for Sustainability (OARS)が主催する。

Start date: 01/04/2021
End date: 30/06/2025

リードコンタクトDiane Lavoie(diane.lavoie@dfo-mpo.gc.ca)

課題:2- 生態系と生物多様性の保護と回復、3- 持続可能なブルーフード、5- 海洋と気候のネクサス
ocean_basins:北大西洋

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。