海洋予測のための相乗的な観測ネットワーク

海洋予測のための相乗的な観測ネットワーク

海洋予測のための相乗的な観測ネットワーク 1334 2000 海の10年

リード機関です:

気象研究所/気象庁 - 日本

SynObsは、ForeSea、CoastPredict、Observing System Co-Designの3つの10年プログラムに対する共通の包括的な10年プロジェクトとして提案されている。SynObsは、様々な観測プラットフォーム、典型的には衛星と現場観測データ、あるいは海洋/沿岸予測のための沿岸と外洋のプラットフォームの組み合わせから最大の利益を引き出そうとするものである。

SynObsは、観測システムの設計と評価を通じて、異なる海洋観測プラットフォームの最適な組み合わせを明らかにし、それらの組み合わせから相乗効果を引き出すことができる同化手法を開発することを目的としています。SynObsの対象は、全球、熱帯、中緯度、北極、亜寒帯などの外洋と、沿岸海、生物地球化学観測システムである。

このプロジェクトは「海洋の10年」プログラムForeSea - The Ocean Prediction Capacity ofthe Futureが主催する。

開始日01/07/2022
終了日30/06/2026

リードコンタクト藤井陽介(yfujii@mri-jma.go.jp)

課題全球海洋観測システムの拡大、海洋災害に対する地域社会の回復力の向上、気候変動に対する海洋ベースの解決策の解明
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。