MPAsのための深海生物のモニタリング

MPAsのための深海生物のモニタリング

MPAsのための深海生物のモニタリング 2000 1334 海の10年

リード機関です:

独立行政法人海洋研究開発機構 - 日本

海洋の30%以上を海洋保護区(MPAs)やその他の効果的な地域別保全措置(OECMs)として設定・管理するため、深海MPAs/OECMsの候補地において、海洋生物、特に深海生物の多様性を調査する。

海洋生物の多様性は様々なアプローチでモニタリングされていますが、深海生物のモニタリングにはいくつかの技術的課題が残されており、深海の生物多様性は十分に理解されていません。そこで、私たちは、モニタリング装置や手法を考案・改良し、それを活用した生物多様性の調査を行います。

まず、日本のEEZ内の深海を調査し、さらなるMPA/OECMの設定に資する情報を入手し、関係者(環境省、日本政府等)と協議する。そして、その情報をもとに、公海におけるMPA/OECMsの候補を検討します。

このプロジェクトは「海の10年計画」が主催しています。 マリンライフ2030

開始日01/04/2022
終了日31/03/2030

リードコンタクト矢吹昭典(yabukia@jamstec.go.jp)

課題:2- 生態系と生物多様性の保護と回復
ホスト・プログラム マリンライフ2030
ocean_basins北太平洋
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。