環境DNAをFAIRに

環境DNAをFAIRに

環境DNAをFAIRに 1920 1080 オーシャン・ディケイド

リード機関です:

英連邦科学産業研究機構 -オーストラリア

環境DNA(eDNA)とは、生物が水や土壌などの周辺環境に排出した遺伝物質を収集・分析する最先端の科学技術である。

各eDNA研究において、通常数百万のDNA配列が作成され、分類群に割り当てられているが、これらの記録は様々な場所や形式で保存されているため、データを検索したり、類似のデータセットと組み合わせたり、さらなる研究に再利用したりすることが難しくなっている。私たちは、標準的な語彙の確立、ジャーナルの出版手続きを通じてデータを利用できるようにする著者の奨励、GBIFやALAのような生物多様性プラットフォームにデータセットをもたらすためのスクリプトの開発など、複数の段階を経て、eDNAデータをFAIR(Findable、Accessible、Interoperable、Reusable)化することを目指します。FAIR eDNAは、その価値が個々の研究者やプロジェクトを超え、革命的な可能性を達成することを可能にする。

開始日:2023年6月26日
終了日:
2028年6月26日

リード・コンタクト高橋美和(miwa.takahashi@csiro.au)

課題:2- 生態系と生物多様性の保護と回復、8- 海洋のデジタル表示、9- 能力開発
海洋海盆北極海、インド洋、地中海、北大西洋、北太平洋、南大西洋、南太平洋、南氷洋
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。