沿岸土壌のハイパースペクトルセンシング

沿岸土壌のハイパースペクトルセンシング

沿岸土壌のハイパースペクトルセンシング 1920 1080 Ocean Decade

リード機関です:

Federal University of Santa CatarinaBrazil

The SensNexus project will connect the presence of particulate plastic waste with sea pollution through an efficient, fast, cheap, digital, reproducible, easy-to-use tool, with fewer extraction steps to generate information on the distribution of nano and microplastics in mangrove, dunes, and coastal soils.

Oceans are key to storing carbon, supplying oxygen, stabilizing the climate, and producing food resources. However, paradoxically to their importance and our knowledge of the role of the oceans – we have never treated them so badly. Materials such as rubber, glass, textiles, and plastic enter our oceans in the most varied quantities, shapes, sizes, and types, which generates an estimated economic cost, just for plastic waste, between 3,000 and 33,000 dollars per ton/ year. Our objective is to propose a protocol for detecting the presence of nano and microplastics in coastal soils, using Proximal Soil Sensing technology, to generate a database of the distribution of marine pollution.

Start date: 03/01/2023
End date: 28/02/2026

Lead Contact: Alexandre ten Caten (ten.caten@ufsc.br)

課題1- 海洋汚染への理解と対策、2- 生態系と生物多様性の保護と回復、9- 能力開発。
ocean_basins:南大西洋
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。