公海を保護・管理するためのハイブリッドガバナンス

公海を保護・管理するためのハイブリッドガバナンス

公海を保護・管理するためのハイブリッドガバナンス 2560 1707 海の10年

主導機関:

西フランス・ブルターニュ大学 - フランス
欧州海事大学 - フランス
UMR 6308 アミュール - フランス

このプロジェクトの目的は、サーマルドームとサルガッソー海の公海における生物多様性と生態系サービスの保護に貢献することである。

サーマルドームとサルガッソー海は、公海の生態系の多様性と重要性を代表する2つの場所である。これらは、生態系の限界(生態系の相互連結性)がモンテゴベイ条約によって定められた法的境界線と一致しないという事実を完璧に物語っている。このプロジェクトは、BBNJに関する国連交渉の要素を取り入れ、生態系アプローチに基づく戦略の一環として、国連海洋法条約とその実施協定に合致した、地域的・国際的/世界的協調のための可能な実施モデルについて情報を提供することによって、BBNJに貢献する。

開始日09/01/2021
終了日30/04/2026

リード・コンタクトデニス・バイリー(ocean-univ@univ-brest.fr)

課題:2- 生態系と生物多様性の保護と回復、9- 能力開発
ホスト・プログラム マリンライフ2030
海洋海盆北大西洋、北太平洋
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。