バルト海の酸素供給とスーパーグリーンH2

バルト海の酸素供給とスーパーグリーンH2

バルト海の酸素供給とスーパーグリーンH2 1920 1080 オーシャン・ディケイド

リード機関です:

Flexens Oy Ab Finland

This project aims to tackle the problem of “anoxia”, which is the complete lack of oxygen in the marine environment, in the Baltic Sea by injecting oxygen into the sea via adapted, existing technology. To do so, the project is preparing a pilot scale demonstration in the Baltic Sea and the exploration of scientific and technical questions required prior to conceptualisation at a large scale.

Internal phosphorus loading in the Baltic Sea Proper and the Gulf of Finland is caused by strong anoxia below the halocline. External nutrient loading has decreased and is now surpassed by internal loading caused by a legacy of past nutrient loads. As green hydrogen production increases, deep injection of the electrolysis by-product oxygen below the halocline as a sea-based measure can become feasible to manage internal nutrient reserves in the Baltic Sea Proper. It can eliminate anoxia and suppress internal phosphorus loading with three principal environmental impacts: the restoration of aerobic benthic habitat, the sharp reduction of the phosphorus transport from deep to surface water driving algae blooms, and the suppression of the internal phosphorus loading and algae growth cycle causing persistent anoxia.

Start date: 01/10/2023
End date: 31/10/2024

Lead Contact: Szilvia Haide (szilvia.haide@flexens.com)

課題1- 海洋汚染への理解と対策、2- 生態系と生物多様性の保護と回復、4- 持続可能な海洋経済。
ホスト・プログラム 世界海洋酸素の10年(GOOD)
ocean_basins: Baltic Sea
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。