チャレンジャー150プログラム、中央・南大西洋をカバーする初の地域レビューの出版を祝う

チャレンジャー150

チャレンジャー150プログラム、中央・南大西洋をカバーする初の地域レビューの出版を祝う

チャレンジャー150プログラム、中央・南大西洋をカバーする初の地域レビューの出版を祝う 1067 658 海の10年

チャレンジャー150プログラムは、中央・南大西洋の深海に関する知識の現状に関する初の地域レビューを発表する。発表された 中央・南大西洋の棚と深海底生生物:科学、政策、管理のレビューは、世界で最も調査が遅れている海洋空間について、これまでで最も包括的にまとめたものである。

チャレンジャー150プログラムは、深海の生命をマッピングし、持続可能な開発を支援するための科学を提供することを使命とする世界的な協同組合である。プログラムは、特定の海洋流域で活動する研究者を集め、研究を調整し、研究分野の優先順位を決め、能力を構築する12の地域作業部会で構成されている。このレビューは、カースティ・マクウェイド博士(南アフリカ)とマイラ・ギルホン博士(ブラジル)が共同議長を務める、プログラムの中央・南大西洋地域科学研究ワーキンググループからの成果である。

プリマス大学のアメリア・ブリッジス博士が主導したこのレビューには、18カ国から45人の共著者が集まり、この海域での調査や管理を検討する人々のために、6つのコミュニティ・コンセンサスによる提言がまとめられた。質的分析と量的分析を組み合わせたレビューでは、ギニア湾、南米北東縁、すべての大きな海洋国家と領土を含む、特にサンプル不足の海洋地域が特定された。

このレビューは、12の地域作業部会がそれぞれ計画している一連のレビューの最初のものである。これらのレビューの目的は、地域の重要なベースライン知識を提供し、知識のギャップを特定し、将来の研究を計画するための貴重なプラットフォームとして機能することである。

チャレンジャー150プログラムは、深海スチュワードシップ・イニシアティブとその加盟プロジェクトによって支えられている。地域作業部会と並んで、チャレンジャー150は、累積的な影響を評価するための生態系モデル開発の基礎となるデータセットを提供するために不可欠な、方法と測定における標準の開発に焦点を当てた技術作業部会を支援している。

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。