2024年「海の10年」会議:サテライトイベントの事前登録と募集を開始しました!

IOC/UNESCO

2024年「海の10年」会議:サテライトイベントの事前登録と募集を開始しました!

2024年「海の10年」会議:サテライトイベントの事前登録と募集を開始しました! 1000 540 海の10年

バルセロナで「海の10年」の2030年までのロードマップを作成し、私たちが望む海のために参加しよう

パリ/バルセロナ、2023年6月8日-バルセロナで開催される2024年「海の10年」会議に向けて、事前登録手続きとサテライト・イベントの募集が開始され、あと10カ月で重要な節目を迎える。

2024年4月10日から12日までの3日間、バルセロナ国際コンベンションセンターで開催されるこの会議は、「私たちが望む海洋のために必要な科学を提供する」ことに焦点を当て、2024年4月8日から12日までバルセロナ全域で開催される「海洋の10年」ウィークの一環として開催される。競争力と雇用創出の原動力としてブルーエコノミーに大きくコミットしている沿岸都市であるバルセロナは、海洋科学、持続可能性、イノベーションに焦点を当てたこのようなイベントを開催するのに最適な場所である。

スペインが主催し、ユネスコの政府間海洋学委員会(IOC/UNESCO)と共催するこの国際イベントには、政府、意思決定者、海洋セクター、慈善事業、学界、民間セクター、市民社会など、さまざまな関係者が一堂に会する。科学-政策-社会の接点を超えて、「海洋の10年」の将来と持続可能な海洋への取り組みの継続的な成功のための進捗状況と共同優先事項に関して、これらすべての声が建設的な対話に参加する。このイベントは、さまざまなパートナーとの共催で、3日間にわたって開催される:バルセロナ・キャピタル・ナウティカ財団を通じたカタルーニャ自治州政府とバルセロナ市議会、そしてスペイン国家研究会議(CSIC)を通じて科学技術革新省が主導するスペイン国家「海洋の10年」委員会が共催する。

プログラムについて

海洋の10年」の10の課題に基づき、参加者に学習、ネットワーキング、パートナーシップ構築のための時間と空間を提供するため、会議は協力的、包括的、双方向的な性格を持つ。

この会議は、「海洋の10年ビジョン2030」の「10年の課題」をめぐる戦略的野心設定プロセスの結果と、それに関連する一連の白書について議論する場を提供する。これらの白書は、気候変動、食糧安全保障、生物多様性保全、持続可能な海洋経済、汚染、自然災害などの世界的課題に対する科学的根拠に基づく解決策に必要な知識を生み出すために、「海洋の10年」の今後の優先課題を明らかにするものである。

会議は3つの重要な場面を中心に構成される:

  • ハイレベル・オープニング・セッション(4月10日午前)では、各国首脳、国連機関のリーダー、産業界や慈善団体の代表による公約や発表が行われるほか、「海洋の10年」を成功させるための基礎的要素に関する全体討論が行われる。
  • 会議のメインパートは、「海洋の10年」の課題のグループ分けに基づく4つのテーマ別セッションで構成され、ビジョン2030プロセスの成果を発表し、持続可能な開発に貢献する科学的ソリューションを紹介するために、本会議とパラレルセッションが混在する。
  • ハイレベル 閉会セッション(4月12日午後)では、「海洋の10年」における資源とパートナーシップに焦点を当てるとともに、パートナー発表の場を提供する。閉会セッションでは、会議の主な成果と「海洋の10年」の2030年までのビジョンが報告される。

2024年「海の10年」会議のプログラムについては、こちらをご覧ください。

2024年「海の10年」会議に参加しよう

今すぐ事前登録を!

2024年「海の10年」会議の参加登録は、2つのステップで行われる:

  • 事前登録の受付期間は2023年6月8日から10月30日まで。
  • 完全登録は12月初旬から行われる。

会議への参加費は無料ですが、参加登録の際に、小島嶼開発途上国や後発開発途上国からの参加者、および初期キャリア海洋専門家の渡航を支援するための渡航基金への寄付をお願いしています。この寄付は強制ではありませんが、「海洋の10年」に誰一人取り残されることのないよう、ぜひご協力をお願いいたします。

2024年「海の10年」会議の事前登録は、こちらをクリックしてください。
事前登録の締め切りは2023年10月30日です。

あなたの活動をサテライト・イベントとして申請する

正式なプログラムを補完し、会議の成果に具体的に貢献するため、関心のある関係者は、会議の前や期間中にサテライト・イベントを提案、企画、主宰するよう招請される。

オンサイト・サテライト・イベントは、2024年4月10日〜11日〜12日、大会会場の昼休みに開催され、オフサイト・サテライト・イベントは、4月8日からバルセロナ周辺のさまざまな場所で開催される。ワークショップやシンポジウムからディナーや美術展まで、パートナー主導・パートナー出資のイベントはさまざまな形で開催される。

サテライト・イベントの詳細と応募は、こちらをクリックしてください。
応募締め切りは2023年10月30日です。

ブース出展および/またはスポンサーになる

パートナーがそれぞれの活動を紹介し、知識の共有を促進し、協力関係を強化する機会を提供するため、会議会場には少数のブースが用意される。

小間のロジスティクスと費用については、こちらをご覧ください。

また、ケータリングサービス、主要セッションのライブストリーミング、トラベルサポートなど、必要不可欠な要素をサポートすることで、カンファレンスの成功に貢献していただけるスポンサー候補を募集しています。

スポンサーシップの詳細については、こちらをクリックしてください。

ポスターとセッション発表

海洋の10年」の課題の達成に貢献し、「海洋の10年」内の協力・連携を強化するための取り組み、プロジェクト、組織、団体に焦点を当てたポスターの投稿を募集します。

ポスター募集の詳細はこちらをご覧ください。
投稿締め切りは2023年12月1日です。

会議の一環として、4つのテーマ別セッションが「10年目の挑戦」を横断する科学と解決策を取り上げる。各セッションのパラレルセッションでは、チャレンジに関連する革新的な科学と解決策を紹介する口頭発表が募集される。

口頭発表募集の詳細については、こちらをクリックしてください。
応募締め切りは2023年12月1日です。

追加情報やお問い合わせは、件名に「2024年海洋10年会議」と明記の上、oceandecade@unesco.org

大会ウェブサイトはこちら!

ゼネラル・コンタクト
event@oceandecade-conference.com

通信の連絡先 

海の10年
アヤ・ハリル
a.khalil@unesco.org

バルセロナ・キャピタル・ナウティカ財団
エスター・ゴメス
premsa@barcelonacapitalnautica.org

スペイン海洋研究所(IEO-CSIC)
パブロ・ロサノ
pablo.lozano@ieo.csic.es

***

海の10年」について。

2017年に国連総会で宣言された「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年(2021-2030)」(以下、「海洋の10年」)は、海洋システムの状態の低下を逆転させ、この巨大な海洋生態系の持続的開発のための新しい機会を触媒として、海洋科学と知識の生成を刺激することを目指しています。海洋の10年」のビジョンは、「私たちが望む海洋のために必要な科学」です。海洋の10年」は、多様な分野の科学者やステークホルダーが、海洋科学の進歩を加速して活用し、海洋システムの理解を深め、2030年アジェンダを達成するための科学的根拠に基づくソリューションを提供するために必要な科学的知識とパートナーシップを開発するための招集枠組みを提供するものです。国連総会は、ユネスコの政府間海洋学委員会(IOC/UNESCO)に「10年」の準備と実施を調整するよう委任しました。

IOC/UNESCOについて。

ユネスコ政府間海洋学委員会(IOC/UNESCO)は、海洋、沿岸、海洋資源の管理を向上させるため、海洋科学における国際協力を推進しています。IOCは、能力開発、海洋観測とサービス、海洋科学、津波警報のプログラムを調整することによって、150の加盟国が協力することを可能にしています。IOCの活動は、経済と社会の進歩、平和と持続可能な開発の基礎となる知識と能力を開発するために、科学とその応用の発展を促進するというユネスコの使命に貢献しているのです。

バルセロナ・キャピタル・ナウティカ財団について。

バルセロナ・キャピタル・ナウティカは、スポーツと持続可能性を通じて、人々の生活を向上させ、海を大切にする意識を高めるため、海洋環境に関連したイニシアチブを推進する官民の財団である。2005年にオーシャン・セーリングの振興を目的にバルセロナ海洋基金(FNOB)として設立され、2022年には海洋活動を通じてセーリングと青少年育成を推進する目的でバルセロナ・キャピタル・ナウティカ財団となった。その目的は、バルセロナ市とカタルーニャ州を、スポーツ、教育、ビジネス、科学の観点から、トップレベルの競技セーリングの国際的な基準となる、世界の海の首都のひとつに変えることである。この財団の設立は、文化・スポーツ大臣、カタルーニャ自治州、バルセロナ市、バルセロナ港、バルセロナ観光局、バルセロナ市議会、バルセロナ商業会議所、バルセロナ・グローバル・アソシエーションによって形成されたプラットフォームのアイデアの結果であり、これらは現在の財団の評議員である。

バルセロナ市議会は、ブルーエコノミーへの強いコミットメントを表明し、2021年に戦略を開始した。ブルーエコノミー部門が、雇用創出、経済的・社会的発展のベクトルとなるよう、イノベーションと持続可能性を主な推進力とし、市民と海岸線とのつながりを強化することを目的としている。

さらに、カタルーニャ州政府は2030年までの海洋戦略を策定し、海洋領域におけるカタルーニャのブルーエコノミーの潜在力を完全に引き出すことを目指している。

IEO-CSICについて:

スペイン海洋研究所(IEO, CSIC)は、科学技術革新省傘下のスペイン学術会議(CSIC)の国立センターであり、海洋科学、特に海洋に関する科学的知識、漁業資源の持続可能性、海洋環境に関する研究を専門としている。IEOは、海とその資源に関する国際的な科学技術フォーラムのほとんどにおいてスペインを代表している。9つの沿岸海洋学センター、5つの海洋培養実験場、12の検潮所、衛星画像受信ステーション、4隻の海洋学船団を有し、中でもラモン・マルガレフ号とアンヘレス・アルバリーニョ号が際立っている。

ICM-CSICについて:

海洋科学研究所(Institut de Ciències del Mar:ICM)は、スペイン国立研究会議(CSIC)の第4の研究機関であり、海洋研究を専門とする最大の研究機関である。健康な地球のための海洋科学」をモットーに、ICMは海洋と気候の相互作用、海洋生物と生態系の保全と持続可能な利用、自然および人為的災害の影響緩和などに関するフロンティア研究を実施し、知識と技術移転の両方を促進している。このような地球規模の課題に立ち向かうためには、深い知識、決然とした行動、協調的な管理が不可欠であり、それによって人類の持続可能な発展を推進することができる。2020年、ICMはセベロ・オチョア・センター・オブ・エクセレンスの認定を受け、ICMが社会的インパクトを生み出すという適切なコミットメントとともに、スペインの海洋研究における指導的役割をさらに推進することになった。

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。