ニュース

国連海洋会議の期間中、リスボンで「海洋の10年」展を開催し、海の重要性に対する認識を高める

IOC-ユネスコ 25.06.2022

海への意識と行動を喚起するアートのショーケース

リスボン、ポルトガル(2022年6月25日) - オセアノ・アズール財団は、海洋庁、ユネスコ政府間海洋学委員会、リスボン市議会、その他のパートナーとともに、2021-2030年の極めて重要な国連持続可能な開発のための海洋科学の10年間(海の10年)に、海の重要性に対する認識を高め、海洋に関する知識と保護の向上を鼓舞するための創造性の世界展「海の10年展」を開幕しました。

本展は、2022年6月25日から7月9日まで、リスボンのロシオ広場で開催される国連海洋会議の開催に合わせて開催される予定です。その後、ジュネーブをはじめとする主要都市を巡回する予定です。本展では、世界各国のアーティストによる約40点のアート作品が展示され、それぞれが国連の「海洋リテラシー7原則」の1つを創造的に表現しています。また、作品は自由に利用できるようになっており、誰でも展覧会を企画・制作することができます。この展覧会は、世界中の学校から水族館まで、1000以上の場所で開催される予定です。

海洋の10年」の公式活動として承認されたこの展示プログラムは、Googleストリートビューを海中に導入し、Netflixオリジナルドキュメンタリー「サンゴを追え」で受賞した気候変動が海に与える影響を明らかにしたことで知られる非営利団体、オーシャン・エージェンシーの発案によるものである。

「海洋科学と保全にはイメージの問題があります。一般に、人々は関心を持たず、地球上の生命にとって海洋が基本的に重要であることをほとんど認識していません。そのため、海洋科学と保全に対するサポートが慢性的に不足しているのです。この展覧会の目的は、人々にまったく新しい視点から海を見てもらい、海を守ることの重要性について考えてもらうことです」と、オーシャン・エージェンシーのCEO兼創設者のリチャード・ヴィヴァースは述べています。

海洋の10年」調整部門を率いるユネスコのジュリアン・バルビエール海洋政策部長は、「国連海洋会議を通じて行われるハイレベルな政策議論に社会を近づける手段として」海洋の10年展を活用する機会を歓迎しました。「効果的で真に変革的な海洋行動は、政府と市民が同様に、利用可能な最善の知識に基づき、生み出す必要があります。本展示会は、2030年までに私たちが望む海洋を実現するために必要な、海洋政策と解決策のための知識の共同設計を促進するための重要な一片となります。それが『海洋の10年』の目的です」と付け加えました。

オセアノ・アズール財団の理事であるジョアン・ファルカートは、「何十年もの間、海は気候変動の影響全体から私たちを静かに守ってきた」と強調しました。しかし、私たちの社会は、海の危機の深刻さを見過ごし続けています。この展覧会は、人々の感情的な反応を引き起こし、海を深く暗い深みから、見る人の生活の中に引き入れることを意図しています」と述べています。

現在進行中の展覧会のコンテンツは、アドビやその他のパートナーとの提携による一連のクリエイティブ・チャレンジを通じて動員された、世界のクリエイティブ・コミュニティ、特に若いアーティストやデザイナーによって提供されています。アドビとオーシャン・エージェンシーによるキャンペーン「#CreateWaves」は、このワールドオーシャンズウィークに第2回目のクリエイティブチャレンジを開始し、誰でも「海の10年展」に参加でき、自分の作品が意識向上と行動喚起の一助となることを可能にしました。

 

トップ画像クレジット:Aanish Peshave, Tim Helou, Umut Reçber, Hüseyin Şahin, Hansruedi Ramsauer

***

連絡先

ユネスコ・IOC
ヴィニシウス・リンドーソ

v.lindoso@unesco.org
+33 (0)1 45 68 11 70

 

オセアノ・アズール財団
マリア・ロケテ

mariaroquete@jlma.pt
+351919695105

マリア・ジョアン・ソアレス
mjsoares@jlma.pt
+351914237487

 

オーシャン・エージェンシー
リチャード・ヴィヴァース

richard@theoceanagency.org
+1 717 571 6671

***

海の10年」について。

2017年に国連総会で宣言された「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年(2021-2030)」(以下、「海洋の10年」)は、海洋システムの状態の低下を逆転させ、この巨大な海洋生態系の持続的開発のための新しい機会を触媒として、海洋科学と知識の生成を刺激することを目指しています。海洋の10年」のビジョンは、「私たちが望む海洋のために必要な科学」です。海洋の10年」は、多様な分野の科学者やステークホルダーが、海洋科学の進歩を加速させ、活用するために必要な科学的知識とパートナーシップを開発し、海洋システムのより良い理解を達成し、2030年アジェンダを達成するための科学に基づく解決策を提供する招集枠組みを提供します。国連総会は、ユネスコの政府間海洋学委員会(IOC)に「10年」の準備と実施を調整するよう委任しました。

 

ユネスコ・IOCについて。

ユネスコ政府間海洋学委員会(UNESCO-IOC)は、海洋、沿岸、海洋資源の管理を向上させるため、海洋科学における国際協力を推進しています。IOCは、能力開発、海洋観測とサービス、海洋科学、津波警報のプログラムを調整することで、150の加盟国が協力できるようにしています。IOCの活動は、経済と社会の進歩、平和と持続可能な開発の基礎となる知識と能力を開発するために、科学とその応用の発展を促進するというユネスコの使命に貢献しているのです。

 

オセアノ・アズール財団について。

オセアノ・アズール財団は、より健康で生産性の高い海に貢献することを動機に、2017年に設立されました。海の視点から」をモットーに、財団は「ブルージェネレーション」「ブルーナチュラルキャピタル」「ブルーネットワーク」という3つのコンセプトを軸に活動しています。科学的根拠に基づくアプローチにより、オセアノ・アズール財団の変革モデルは、これら3つのコンセプトを統合し、識字率向上、保全、持続的漁業、キャンペーン、ブルーエコノミー、能力開発に関するプロジェクトを支援し、政府や財団、市民社会団体、国連やEUシステム内で協力しながら、海の国際課題を推進するものである。詳しくはoceanoazulfoundation.orgをご覧ください。

 

海洋庁について。

オーシャン・エージェンシーは、海洋保護に対するユニークなアプローチ、すなわちクリエイティブなコミュニケーションと強力なコラボレーションを通じて行動を支援し、加速させる米国の非営利団体である。同機関の取り組みには、Netflixオリジナルドキュメンタリー「Chasing Coral」(2018年エミー賞優秀自然ドキュメンタリー部門受賞)の制作、Googleストリートビューの水中への導入、XL Catlin Seaview Surveyの完成(サンゴ礁の最も包括的な水中写真調査・記録で100万以上の画像が撮影、分析された)などが含まれます。詳細については、theoceanagency.orgをご覧ください。