オーシャン・ディケイド・カンバセーションズエリカ・ウールジー(The Hydrous Programme)

海の10年

オーシャン・ディケイド・カンバセーションズエリカ・ウールジー(The Hydrous Programme)

オーシャン・ディケイド・カンバセーションズエリカ・ウールジー(The Hydrous Programme) 585 638 海の10年

2023年国際女性デーを記念して2023年国際女性デーを記念して、「海の10年」に変化をもたらしている女性たちの声を明るく照らし、増幅させています!海洋生物学者、ナショナルジオグラフィックの探検家、ダイビングインストラクター、そして最近探検家クラブ50に選ばれたエリカ・ウールジーとの魅力的な会話に参加して、科学、芸術、女性のエンパワメント、すべての人の利益のためにサンゴ礁を保存し保護することの重要性などについて話し合ってください!

  1. あなた自身のこと、影響を受けたこと、そして海とのつながりが始まったきっかけについて教えてください。

私と海とのつながりは、子供の頃からありました。カリフォルニアで育った私は、両親に連れられて近くのビーチや、モントレーベイ水族館やカリフォルニア科学アカデミーのような素晴らしい場所に行き、水生生物について学び、その魅力に取り付かれました。

私のキャリアは、熱帯のサンゴ礁を専門とする海洋生物学者として正式に訓練を受けたものです。また、海洋科学を一般の人々に理解してもらうために、教師、デザイナー、技術者としての顔も持っています。

  1. 海の共感の10年」とは、「国連海洋の10年」とどのような関係があるのでしょうか。

海の共感の10年」は、海洋科学にもっと人間的な要素を取り入れ、海のつながりとスチュワードシップを生み出そうとするものです。2021年に国連海洋科学の10年の承認プログラムとなり、"社会が人間の幸福と持続可能な開発との関係で海を理解し、価値を見出す、刺激的で魅力的な海 "を目指す10年の成果7に貢献する。

  1. The Hydrousは、人間中心設計、学習科学、新興技術をどのように活用し、「海の10年」にどのように貢献できるのか。

The Hydrousでは、海洋科学、テクノロジー、教育が交差する場所で活動し、共感、コミュニケーション、創造的な問題解決といった要素をすべての行動に取り入れています。私たちが使用するツールは、海洋教育キットのような対面式の体験型アクティビティから、写真測量、3Dプリント、拡張現実と仮想現実(ARとVR)を使ったバーチャル「ダイブ」のようなフロンティアテクノロジーまで、さまざまです。

私たちは、特に没入型メディアから高いレベルのエンゲージメントを得た経験があります。そのため、私たちは独自のコンテンツを作成し、これらのツールが臨場感や共感性にどのように影響するかを調査して、海洋科学の学習とつながりを大規模に促進するための研究を主導しています。

  1. 海洋リテラシーの取り組みや、科学者としての経験やスキルを活かして、子どもたちに海について教えるためにどのような工夫をされているのか、ぜひ教えてください。ヴェネチアのウィンタースクールでの経験について簡単に教えてください。

海洋リテラシー(一般に、海洋が人間に与える影響と、逆に人間が海洋に与える影響を理解することと定義される)は、「海の共感の10年」プログラムの中心的な焦点です。私たちが作成するすべてのレッスンプランと没入型メディア体験は、海洋リテラシーと海洋共感の両方を高めるためにデザインされた中心的なカリキュラムに基づいています。

私たちは、小学校1年生から大学院生までの教室、科学博物館や映画祭などの非公式な学習空間、YouTubeやSketchfabなどのオンラインプラットフォーム、さらにはメタバース(私たちの研究プロジェクト「没入型バーチャルリアリティによる海洋リテラシーの促進」をご覧ください)にも、私たちの体験や活動を持ち込みました。また、ベニスで開催されたIOC-UNESCOウィンタースクールに参加し、若いプロフェッショナルたちが海洋関連のパートナーシップの質の向上、多文化環境でのコラボレーション、海洋リテラシーの推進に取り組んだことは、私たちにとって大変光栄なことです。

  1. 小さなコミュニティや後発開発途上国でのThe Hydrousの取り組みを支援し、海の素晴らしさやあらゆる可能性を広めるために、民間セクターはどのように貢献できるとお考えですか?

長年にわたり、The Hydrousは伝統的な企業、非営利団体、ハイテク企業などと素晴らしいパートナーシップを結び、海洋リテラシーと共感を広めるための支援を行ってきました。これらの密接な関係のおかげで、The Hydrousは、特に海洋研究者や教育者を支援するために、他国での取り組みを支援することができました。これらの幅広いオーディエンスにサービスを提供するため、現在、私たちのコンテンツを英語以外の言語に翻訳するための資金を調達しています。

  1. 国際女性デーを記念して、海洋科学に携わりたいけれども、怖さや不安を感じている若い女の子にメッセージをお願いします。The Hydrousは、SDG14「水面下の生命」を通じて、SDG5「男女共同参画」の達成にどのように貢献できるのでしょうか?

海洋科学に携わりたいと願う若い女の子たちへのメッセージです。自分の興味や情熱を、信頼できる人たちに知ってもらうこと。自分の住んでいる地域でも、ソーシャルメディア上でも、尊敬し、見習うべきロールモデルを探し、そのような人たちに声をかけてみてください。女性たちは世界中で素晴らしい活動をしており、あなたのメッセージに応えてくれる人が意外と多いものです。そのうえで、常に科学的な思考で世界をナビゲートすること、つまり探求と質問を止めないことです。

科学と学習に焦点を当てた女性主導の組織として、The Hydrousでの活動の多くは、STEM分野や意思決定の役割における女性の重要性を取り上げています。また、ダニ・ワシントンが司会を務め、ダニ、マリアソール・ビアンコ、そして私がエグゼクティブプロデューサーを務める、女性と海に関する「21世紀の人魚」というポッドキャストを2シーズン制作しています。

  1. 海の10年」終了までに実現したいことは?

2030年までに、私たちは次のことを目指します。1)VRなどの没入型かつ拡張性の高い技術を用いた「バーチャルダイブ」を通じて、1,000万人の学習者を海につなげる、2)世界中で海洋リテラシーと海洋共感の割合を高める、3)海洋共感という概念に取り組む強固な国際コミュニティを構築する。

  1. あなたの作品にインスピレーションを与えたアーティスト、サウンドトラック、映画で、Ocean Decadeコミュニティと共有したいものがあれば教えてください。

最近、私は人工知能を使って海の生態系をユニークにビジュアル化する可能性にとても興奮しています。例えば、「DALL-E」を使って、奇抜で鮮やかなサンゴ礁を作ったことがありますが、このような素晴らしいツールを使って、自分の知識と想像力でどんなものが作れるか、ぜひ試してみてください。

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。