海の10年談話会ディエゴ・サンチョ・ガレゴス(Save the Waves Decade App Project, and ECOP)

海の10年

海の10年談話会ディエゴ・サンチョ・ガレゴス(Save the Waves Decade App Project, and ECOP)

海の10年談話会ディエゴ・サンチョ・ガレゴス(Save the Waves Decade App Project, and ECOP) 2560 1920 海の10年

この「Ocean Decade Conversations」の新版では、Early Career Ocean ProfessionalのDiego Sancho Gallegosが、Save the Waves App Projectを一緒に深く掘り下げ、沿岸コミュニティのサポート、海へのアクセス促進、データ収集、海洋汚染の打開支援といったさまざまなテーマにおけるその重要性を紹介してくれます。また、次回のWorld Surfing Reservesへの応募方法についてもご紹介します。私たちと一緒にこの波に乗り、沿岸のスチュワードになる方法を学びましょう!

  1. この重要な運動に参加しようと思ったきっかけをお聞かせください。

私は太平洋とカリブ海に囲まれたコスタリカで育ったので、幸運にも水の中や周りで多くの時間を過ごすことができました。そのため、海を研究し、守ることを生業にしたいと思うようになり、この情熱を追求するためにカリフォルニアに移住しました。海は、世界中の人々の生活を支えている一方で、他に類を見ないほど自由で不思議な感覚をもたらし、その周りで暮らす人々に多大な喜びと幸福をもたらすと思います。私は、海が経済活動の源であると同時に、私たちが楽しむことのできる素晴らしい景観であるような未来を目指しています。

  1. 10年プロジェクト Save the Wavesの取り組みが「海の10年」にどのように貢献できるとお考えですか?

Save The Waves Appは、国連「海の10年」活動の一環として、サーファーや海水浴客に、海岸や砂浜への脅威を報告し、自分たちの海岸や砂浜を守る力を与えるものです。海の長期的な持続可能性を確保するためには、できるだけ多くの人を巻き込む必要がありますが、このアプリはまさにそれを実現することを目的としています。私たちは、ユーザーがアプリで報告した問題に対応できる組織とユーザーをつなぐと同時に、非常にシンプルな行動(写真を撮ってアプリに投稿する)を通して、新しいステークホルダーを教育し、海洋保護に参加させ、これらの問題に対する現実的な解決策を見つけるために常に努力しています。規模が大きくなれば、レジリエントで自然保護に重点を置く沿岸地域社会をサポートする複数の利点があると思います。

  1. サーフィンの生物多様性ホットスポットの保全問題にどのように対処すればよいのでしょうか?セーブ・ザ・ウェイブスが2030年までに1,000のサーフエコシステムサイトを保護するためにどのように取り組んでいるか説明してください。

Save The Wavesでは、2030年までに1000のサーフエコシステムを保護することを目標としています。サーフエコシステムとは、サーフィンのための素晴らしい波が発生し、植物や動物が生息し、コミュニティが生活と娯楽を営む、陸と海の境界線のことです。これらの生態系は、最もユニークな生き物を含み、正しい方法で管理されれば、観光による持続可能な収入源となります。これらの資源を守るために、私たちの戦略は「守る」「世話する」「守る」という3つの重要な要素に焦点を当てています。私たちは、法的に保護された地域(Protect)、効果的なスチュワードシップ(Steward)、動員された有権者(Defend)により、サーフエコシステムの長期的な保全が成功すると信じています。それぞれの例として、これらの場所を保護するためのWorld Surfing Reserves(WSR)とSurfing Protected Area Network(SPAN)プログラム、Save The Waves App、それらをうまく管理するための我々の支持する10年アクション、そして脅威にさらされたサーフエコシステムを守るための我々のキャンペーンプログラムなどがあります。ですから、すべての海の利用者は、Save The Waves Appを使って海岸の効果的なスチュワードになることで、この戦略の一部となることができます。

  1. Save the Waves」アプリから、海洋災害に対するコミュニティの回復力を高め、「海洋の10年」の課題の2つである海洋汚染を克服するために、あるいはそれ以上に、どのような主要データにアクセスできるのか?沿岸地域のコミュニティに対する意識を高め、支援するための次のステップは何でしょうか?

Save The Waves Appは、ユニークな沿岸の脅威モニタリングツールです。ユーザーが脅威と感じるものを6つの主要カテゴリーと7番目の「一般」カテゴリーに分類し、マッピングしています。ゴミと海洋ゴミは、最も一般的で特定しやすいため、データセットの半分以上を占めています。これらのデータを使って、ゴミのホットスポットをマッピングし、データをグローバルなマッピングの取り組みにつなげ、ゴミへの取り組みをさらに一歩進めるためのリソースをユーザーに提供しています。また、海岸浸食や海岸の鎧化など、海面上昇の影響もアプリで追跡しており、最も脆弱なサーフィンのコミュニティがどこにあるかを理解し、気候変動への回復力を高めるための代替策を描くためのデータを提供しています。海へのアクセスは、アプリで取り組むもう一つの重要な課題です。アクセスには、海岸への物理的なアクセスと良好な水質の両方が含まれ、どちらも人々が安全かつ健康的に海岸の海を利用することを可能にします。私たちは、水質の問題とアクセスの問題を別々に追跡していますが、どちらも、誰もが楽しめる安全でアクセスしやすい海の実現につながるものです。

アプリの次のステップは、ユーザーとパートナーのネットワークを拡大し続けることで、データベースも拡大します。さらに、アプリで報告された問題の根本的な原因に取り組む、実際の現場でのスチュワードシップ・プロジェクトに、より多くの報告をつなげることも重要なステップとなります。私たちはこれまで、地元の団体やコミュニティと協力して、いくつかの問題に取り組むことに成功してきました。このアプリがより多くのコミュニティに貢献できるよう、私たちは学習したことを活かして規模を拡大していきたいと考えています。

  1. アプリを世界に広めるための次のステップとは?

パートナーシップは、脅威への対応とアプリの普及の両方において鍵となります。私たちは、地域社会や団体と協力して、サーファーやビーチに行く人たちにアプリの有用性を教えるとともに、彼らが直面している状況や脅威に焦点をあてています。世界中にパートナーがいればいるほど、アプリのインパクトは大きくなり、より多くの人に知ってもらうことができます。ソーシャルメディアキャンペーンも有効ですが、私たちは、オーガニックで草の根的な活動が、問題解決に取り組む多くのユーザーを生み出すと信じています。私たちのパートナーの多くは、ソーシャルメディアや既存のコラボレーションから生まれています。

  1. Save the Wavesの活動にインスピレーションを与えた本や歌、ポッドキャストをお持ちの方は、Decadeコミュニティと共有したいですか?

はい!私のお気に入りは、Firewire SurfboardsのThe Wire podcastsの第62話「How To Save a Surf Spot with Nik Strong-Cvetich; Executive Director of Save The Waves Coalition」とKyle Thiermann podcastの第153話「How To Save A Wave - Nik Strong-Cvetich 」というタイトルのポッドキャストに登場したNik Strong-Cvetich CEOの話です。

本に関しては、ジャイマル・ヨギスの「Saltwater Buddha」が中学生の時に読んだ本の中で一番インパクトがあったかもしれません。また、ウォレス・J・ニコルズ博士の『ブルーマインド』は、なぜ海が私たちを惹きつけるのか、別の見方をすれば、なぜ私たちはもっと海で時間を過ごすべきなのか、について興味を持つ人なら必ず読むべき本だと思います。

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。