フーグロ、「国連海洋の10年」にジオデータの専門知識と経験を提供し、新たなパートナーシップ契約を締結

ユネスコ政府間海洋学委員会(Intergovernmental Oceanographic Commission of UNESCO

フーグロ、「国連海洋の10年」にジオデータの専門知識と経験を提供し、新たなパートナーシップ契約を締結

フーグロ、「国連海洋の10年」にジオデータの専門知識と経験を提供し、新たなパートナーシップ契約を締結 1200 600 海の10年

フーグロは、国際連合教育科学文化機関の政府間海洋学委員会(IOC-UNESCO)とパートナーシップ契約を結び、世界の海洋科学データの調整とアクセスを改善します。

このパートナーシップは、「国連持続可能な開発のための海洋科学の10年2021-2030」(以下、「海洋の10年」)を直接支援するものであり、海洋の健全性の低下のサイクルを逆転させ、世界中で持続可能な海洋開発のための条件を改善することに焦点を当てた多面的なイニシアチブです。

世界有数のジオデータの専門家として、また、IOCユネスコの「海の10年」の初期計画活動に参加しているフグロは、この画期的なプログラムのデータ調整とアクセスのニーズに対応することを約束します。

今回の契約では、フランスのパリにあるIOC-UNESCO事務局に、2つの重要な海洋科学データ作業部会の設立と運営を支援する専門家をフグロ社が派遣することになっています。

当初、この作業は「海洋の10年」データ調整プラットフォームの開発に焦点を当てています。このプラットフォームは、海洋データと相互運用可能な海洋科学を共有、管理、配布するための「デジタルエコシステム」を構築するための、世界的かつ部門横断的な招集枠組みを提供します。

次に、フグロは、「海洋の10年」を支援するために、海洋科学データを収集または所有し、これらのデータを一般にアクセスできるようにする意思のある世界的な民間セクターの利害関係者の作業グループの設立を支援します。このグループは、民間が保有する海洋科学データの一般公開を促進するための公平なメカニズムを開発するための、世界的な、分野横断的な、データタイプ横断的な招集の枠組みを提供します。

IOC-UNESCO事務局長のウラジミール・リャビニン博士は、「IOCとフグロは、政府間組織と商業組織という異なる種類の組織であるかもしれませんが、海洋科学と調査を人々の役に立つようにするという同じ最終目標を共有しています」と述べています。IOCは、フーグロの技術的なリーダーシップと海洋データに関する専門知識を活用できる可能性を高く評価しているだけでなく、「海洋の10年」でフーグロと緊密に協力する上で最も重要な要素は、データを世界に公開し、民間企業に前例のない例を提供しているフーグロのリーダーシップです。IOCは海洋科学とデータの標準設定機関であり、フーグロは海洋データの公益化に向けて新たな黄金の基準を打ち立てています」と述べています。

フーグロのCEOであるマーク・ハイネは、「フーグロは、このパートナーシップに世界的な専門知識、経験、関係性をもたらすことを約束し、IOC-UNESCOが、あらゆるソースとあらゆる種類の海洋科学データを包含する、真にグローバルなデジタル・エコシステムを構築するのを支援することを切望しています。海の10年」に直接参加することで、海洋科学データの管理、配布、アクセス方法の変革を支援する機会は、安全で住みやすい世界を作るというフグロの目的に完全に合致しています」と述べています。

フーグロについて

フーグロは、地球とその上に構築された構造物に関する包括的な情報を収集・分析する、世界有数のジオデータのスペシャリストです。フーグロは、地理データの取得・分析と関連するアドバイスを含む統合的なアプローチを採用し、ソリューションを提供しています。サイトの特性評価と資産の整合性に関する専門知識により、顧客は資産の全ライフサイクルを通じて安全で持続可能かつ効率的な設計、建設、運用をサポートされます。フーグロは世界61カ国で約9000人の優秀な人材を擁し、主にオフショアおよびオンショアのエネルギーおよびインフラ産業の顧客にサービスを提供しています。2020年の売上高は14億ユーロでした。フーグロはユーロネクスト・アムステルダムに上場しています。

詳しくはこちら:http://fugro.com

ユネスコの政府間海洋学委員会について。

ユネスコ政府間海洋学委員会(IOC-UNESCO)は、海洋、沿岸、海洋資源の管理を改善するため、海洋科学における国際協力を推進しています。IOCは、能力開発、海洋観測とサービス、海洋科学、津波警報などのプログラムを調整することで、150の加盟国の協力を可能にしています。IOCの活動は、経済と社会の発展の鍵となる知識と能力を開発するために、科学の進歩とその応用を促進し、平和と持続可能な開発の基礎となるというユネスコの使命に貢献しています。

詳しくはこちら:http://ioc.unesco.org

海の10年」について。

2017年に国連総会で宣言された「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」(2021-2030年)(以下、「海洋の10年」)は、海洋科学と知識の生成を刺激して、海洋システムの状態の低下を逆転させ、この巨大な海洋生態系の持続可能な開発のための新たな機会を触媒することを目指しています。海洋の10年」のビジョンは、「私たちが望む海洋のために必要な科学」です。海洋の10年」は、様々な分野の科学者やステークホルダーが、海洋科学の進歩を加速して利用し、海洋システムの理解を深め、2030年アジェンダを達成するための科学的根拠に基づく解決策を提供するために必要な科学的知識とパートナーシップを構築するための招集の枠組みを提供します。国連総会は、ユネスコの政府間海洋学委員会(IOC)に「10年」の準備と実施の調整を委任しました。

For more information: http://oceandecade.org

お問い合わせ先:v.lindoso@unesco.org

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。