2024年「海洋の10年」会議、健全で回復力のある海洋のための科学に基づく変革的解決策を紹介

IOC/UNESCO

2024年「海洋の10年」会議、健全で回復力のある海洋のための科学に基づく変革的解決策を紹介

2024年「海洋の10年」会議、健全で回復力のある海洋のための科学に基づく変革的解決策を紹介 2560 1708 海の10年
  • この会議は、世界の海洋コミュニティがバルセロナに集結する「海洋の10年」ウィークの集大成となる。
  • プログラムは、「海洋の10年」の10の課題に基づく4つのテーマ別セッションで構成される。
  • 1,500人の参加者が見込まれるこの会議には、40人以上の国際的な講演者が参加する。
  • 130以上のサテライト・イベントが、大会前および大会期間中の公式プログラムを補完する。

本日、バルセロナでの記者会見で発表された「2024年「海洋の10年」会議」は、「Delivering the science we need for the ocean we want(私たちが望む海洋のために必要な科学を提供する)」と題され、4月10日から12日までバルセロナ国際会議場(CCIB)で開催される。

この会議は、「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」(2021年〜2030年)の成果を称え、今後の「海洋の10年」に向けた共同の優先課題を設定する極めて重要な場となる。

バルセロナ・キャピタル・ナウティカ財団では、「海洋の10年」をコーディネートするユネスコの代表や、スペイン国家研究会議海洋学研究所(IEO-CSIC)のマリア・デル・カルメン・ガルシア・マルティネス所長、カタルーニャ自治州政府のセルジ・トゥデラ海洋政策・持続可能な漁業担当総局長、バルセロナ市議会のジョルディ・ヴァルス経済・税・経済振興・観光担当副市長らスペイン各行政当局の代表がプログラムを発表した。

3日間の開催期間中、持続可能な海洋管理を強化するための新たな基盤が構築され、革新的かつ変革的な科学主導のソリューションが紹介される。1,500人の海洋コミュニティ関係者とパートナーの出席が見込まれるこの会議は、政府、指導者、海洋セクター、大学、NGO、民間セクター、市民社会が一堂に会し、科学、政策、社会の間の豊かな対話によって新たな協力関係が育まれる世界的なフォーラムとなる。

海洋の10年」10の課題に向き合う4つのセッション

2024年「海洋の10年」会議は、「海洋の10年」の10の課題に基づく4つのテーマ別セッションで構成され、本会議と並行セッションを組み合わせて「海洋の10年」「ビジョン2030」プロセスの成果を掘り下げる。

セッションはまた、海洋科学の取り組みに焦点を当て、知識の共有を通じて海洋保全の道筋を描くための提言をまとめる場にもなる。

この会議には、科学、政治、経済、社会などさまざまなバックグラウンドを持つ国際的に著名な40人の講演者が参加する。

最初のテーマ別セッションは、「クリーンで健全かつ強靭な海洋のための科学とソリューション」と題し、海洋汚染、生態系、海洋と気候のネクサスに焦点を当てる。持続可能で強靭な海洋経済のための科学とソリューション」と題された第2セッションでは、持続可能な海洋経済、食糧、そして強靭な地域社会が焦点となる。会議の第3セッション安全で予測可能な海洋のための科学とソリューション」は、海洋観測、予測、早期警報システムに焦点を当て、最後のセッションは、「すべての人のための刺激的で魅力的な海(An Inspiring and Engaging Ocean for All)」と題して、能力開発、海洋リテラシー、先住民や地域の知識、文化遺産に関連する。

会議を超えて:海洋の10年」週間

2024「海洋の10年」会議は、4月8日から12日までバルセロナで開催されるイベントの集大成であり、その期間中、公式プログラムを補完する130以上のサテライト・イベントが、会議の3日間ともCCIBで開催されるほか、4月8日と9日には会場外で開催される。

オフサイト・サテライト・イベントは、その多くが一般公開され、海洋科学とソリューションに強いつながりを持つ、市周辺の4つの主要ハブ(オーシャン・ハブ、シーハブ、ポート・ハブ、シティ・ハブ)に設置される。

サテライト・イベントは、2024年「海の10年」会議の最終的な成果に貢献する、行動指向のイベントです。ディスカッション・パネル、プレゼンテーション、対話型ワークショップ、ダイアログなど様々な形式で、討論、ネットワーキング、知識交換の場を提供し、参加者が「海洋の10年」の目的について理解を深め、協力し、貢献できるようなダイナミックで包括的な環境を醸成することを目指す。

130のサテライト・イベントに加え、300以上のポスターがCCIBに展示され、100以上の海洋科学ソリューションに関する口頭発表がプログラムの並行セッションを充実させる。

記者会見で、ユネスコの海洋政策・地域調整部長で 海洋の10年」のグローバル・コーディネーターを務めるジュリアン・バルビエール 氏は、「海洋が直面している課題は計り知れない。だからこそ、2024年「海洋の10年」会議は、世界の海洋コミュニティ全体にとって、2021年以降の成果を総括し、2030年、そしてその先の「10年」の未来への道を切り開くための、またとない、そして切望された機会なのだ」と指摘した。また、"会議組織委員会全体を代表し、世界中の関係者の参加を確保するための支援を含め、会議を後援してくださる慈善団体、産業界、政府のパートナーに温かく感謝したい。"

スペイン海洋学研究所(IEO-CSIC)のマリア・デル・カルメン・ガルシア・マルティネス所長は、海洋研究のインフラと科学的生産、そして漁業や海洋保護区を含む政策や海洋管理へのその反映が良好なレベルであることを強調した。しかし、「海洋に関する知識、管理、問題の解決は、一都市や一国だけで解決できるものではなく、ユネスコやその政府間海洋学委員会のような多国間主義や国際機関を通じて取り組まなければならない。

カタルーニャ州政府のセルジ・トゥデラ海洋政策・持続可能な漁業担当総局長は、「バルセロナとカタルーニャ州が、海洋持続可能性のための応用科学の世界的な首都となることを発表できることを嬉しく思います。これは、海洋科学研究、海洋ガバナンス、ブルーエコノミーの発展、一般市民向けの応用科学の強化、国際的なアウトリーチ活動といった重要課題に対するカタルーニャ州の取り組みを紹介する絶好のプラットフォームとなります。私は、カタルーニャの卓越性がこの国際会議で十分に発揮されると確信しています。4月にここバルセロナで皆さんをお迎えできることを楽しみにしています。"

バルセロナ市議会経済・税務・経済振興・観光担当副市長のジョルディ・バルス氏は、「バルセロナの歴史は、特に経済・商業レベルにおいて、常に地中海のアイデンティティと密接に結びついてきた。にもかかわらず、バルセロナは長年、海に背を向けてきた。しかし、1992年のオリンピックを契機に、ウォーターフロントの再定義が行われた。それ以来、街は、特にビーチに開かれ、今こそ海に目を向けるべき時なのだ。気候が非常事態に直面している現在、私たちは水が果たす極めて重要な役割を見過ごすことはできない。海、持続可能性、科学は、バルセロナに深く根付いた3つのコンセプトだ。バルセロナは、地中海の保護と防衛を強く信じている。バルセロナはスペインの科学の中心地であり、トップクラスの科学的参考資料である。"

バルセロナ・キャピタル・ナウティカ財団のイグナシ・アルメンゴル総支配人は、「2024年は、バルセロナとカタルーニャを首都とする海の年であることは間違いありません。だからこそ、この会議やアメリカズカップのような重要なイベントが開催されるのです。世界中が注目するこの年こそ、海をすべての行動の中心に据えるべき時なのです。"

2024年「海洋の10年」会議は、ユネスコ政府間海洋学委員会(IOC/UNESCO)、カタルーニャ自治州政府、バルセロナ市議会、バルセロナ・キャピタル・ナウティカ財団(Fundació Barcelona Capital Nàutica)、スペイン国立研究会議(CSIC)に属するスペイン海洋研究所(IEO)を通じて科学・イノベーション・大学省が主導するスペイン「海洋の10年」国内委員会によって組織される。

また、HUBオーシャン、REVオーシャン、アリアンツ、カナダ漁業海洋省、日本政府、ポルトガル政府の資金援助、さらに、参加者の少ないグループの渡航を支援する数多くのパートナーの協力により、この会議は開催される。

記者会見のフォトギャラリーはこちら

メディア連絡先
ウンダチア・コミュニケーション
ボルハ・イグアル
bigual@undatia.es
+34 646 216 663

***

海の10年」について。

Proclaimed in 2017 by the United Nations General Assembly, the UN Decade of Ocean Science for Sustainable Development (2021-2030) (‘the Ocean Decade’) seeks to stimulate ocean science and knowledge generation to reverse the decline of the state of the ocean system and catalyze new opportunities for sustainable development of this massive marine ecosystem. The vision of the Ocean Decade is ‘the science we need for the ocean we want’. The Ocean Decade provides a convening framework for scientists and stakeholders from diverse sectors to develop the scientific knowledge and the partnerships needed to accelerate and harness advances in ocean science to achieve a better understanding of the ocean system, and deliver science-based solutions to achieve the 2030 Agenda. The UN General Assembly mandated UNESCO’s Intergovernmental Oceanographic Commission (IOC/UNESCO) to coordinate the preparations and implementation of the Decade.

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。