2023年 国連気候変動会議 #COP28

2023年11月30日2023年12月12日
ロードイベント
  • このイベントは終了しました。

COP28における「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年(2021-2030年)」の取り組み

海洋の10年」は、アラブ首長国連邦のドバイで11月30日から12月12日まで開催されるCOP28に参加し、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の枠組みの中で、気候変動対策に貢献する海洋科学のソリューションにスポットライトを当てる。

フランスのニースで開催される2025年国連会議へ向けて、そして2024年「海洋の10年」会議まであと5ヶ月しかないCOP28は、「海洋の10年ビジョン2030」プロセスに反映させるため、科学-政策-社会の接点における優先事項や知識のギャップを特定する進捗を強調する極めて重要なマイルストーンとなる。

海洋の10年」は一連のイベントを主催・共催し、指導者、慈善団体、産業界、市民社会から多様なパネリストを集め、特に学際的協力の重要な役割、海洋回復力のための革新的エンジニアリング、海洋を基盤とした気候変動の緩和と適応のための協力的取り組みについて議論する。このイベントでは、海洋の知識に基づく解決策を開発するために、すべての海洋流域で一丸となって取り組んでいる「10年の行動」が紹介される。

気候変動への対応は、海洋の健全性を維持・回復することと不可分です。COP28では、世界的な気候変動対策戦略において海洋を中心に据えましょう!

今年、オーシャン・ディケイドはOceanXとパビリオンを共有し、12月3日午前9時30分から旗艦イベントを 開催するオーシャン・パビリオンの パートナーとなることを光栄に思います。

このイベントとパートナー主導のイベントの詳細については、下にスクロールしてください!

海洋の10年+OceanXパビリオンのプログラムについてはこちらをご覧ください:

オーシャン・ディケイドのイベントに関する最新情報は、ソーシャルメディアでフォローしてください!

フラッグシップ・イベント COP28

海洋の10年2030:「海洋の10年」を通じた気候変動対策のための科学、行動、パートナーシップ

12月3日(日 アラブ首長国連邦標準時 ⏰ 09:30 am - 12:00 pm 📍 オーシャン・パビリオン 🟦 ブルーゾーン

持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」(「海洋の10年」)のコーディネーターの役割を担うユネスコの政府間委員会(IOC)は、気候変動問題への対応における海洋科学と知識の重要な役割に焦点を当てた、複数パートナーによる対話型の2時間半のセッションを企画した。多様な講演者が、「海洋の10年」のこれまでの進展に関する問題、残された優先課題と課題を取り上げ、気候の緩和と適応に関する国、地域、世界的な政策目標を達成するための世界的な動きの一環として、「海洋の10年」の今後の展望を概説する。このイベントでは、「海洋の10年ビジョン2030」プロセスの最初の結果についての議論とフィードバックが行われる。「海洋の10年ビジョン2030」は、「海洋の10年」の各課題について、戦略的で測定可能な野心を設定するための「海洋の10年」の主要な取り組みである。

このイベントでは、観測からデータ、そして最も差し迫った気候問題の解決に必要なアプリケーションやサービスに至るまで、海洋科学のバリューチェーン全体を俯瞰する。また、能力開発、パートナーシップ、資源動員、多様性への配慮などの問題を含め、確かな海洋科学と知識を生み出し、応用するために必要な環境を取り上げる。

プログラム

9.30 -9.35 歓迎と開会 ウラジーミル・リャビニン
事務局長 ユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)事務局長
9.35 -9.50 基調講演1:気候変動対策のための海洋科学の現状と「海洋の10年」の役割

 

基調講演2 - UNFCCCプロセスにおける海洋科学

マーガレット・ライネン
スクリプス海洋研究所 所長

ニール・オディア
UNFCCC「海洋と気候変動対話」共同ファシリテーター、カナダ漁業海洋省戦略政策担当上級副大臣補佐官
9.50 -10.00 Q&A
10.00 -10.50 パネル1:「海洋の10年」における気候変動対策のための海洋知識

 

モデレーター:ジュリアン・バルビエール
海洋の10年」グローバル・コーディネーター
IOC/UNESCO海洋政策・地域調整部部長

テオフィル・ボンガーツ 海面上昇に取り組む沿岸都市とのソリューションの共有(SEA'TIES)

リサ・レヴィン -深海観測戦略(DOOS)

フィリパ・カルバーリョ -トワイライトゾーン海洋共同探査ネットワーク(JETZON)

ビル・オースティン -青色炭素のための世界海洋10年計画(GO-BC)

Nianzhi Jiao -グローバル・オーシャン・マイナス・カーボン・エミッション(GlobalONCE)

スティーブ・ウィディコム -持続可能性のための海洋酸性化研究(OARS)

ゼン・サン -海の10年に向けて女性に力を与える

アレクシス・グロスコフ -1000 Ocean Start-Ups Coalition

10.50 -11.00 休憩と講演者とのネットワーキング
11.00 -11.40 パネル2:気候変動対策のための「海洋の10年」パートナーシップ

 

司会:アリソン・クラウゼン、
IOC/UNESCOプログラム・スペシャリスト

マルケ・ハイネ
フグロCEO

アショク・アディセアム
2025年国連海洋会議グローバル広報ディレクター

アレックス・デンプシー
リビング・オーシャンズ財団CEO

ドノヴァン・キャンベル
環境地理学教授
西インド諸島大学専門家グループ 世界海洋アセスメント担当教授
11.40 -11.45 海洋の10年」アライアンスの視点 フレドリック・ファロ
NORAD気候・環境担当ディレクター
11.45 -11.50 2024年「海の10年」会議に向けて ダビド・マスコルト・イ・スビラナス閣下
スペイン、カタルーニャ州政府、気候変動・食料・農村アジェンダ大臣
11.50 -11.55 まとめ2030年に向けて ジュリアン・バービエール
海の10年」グローバル・コーディネーター
11.55 -12.00 閉会の辞 ピーター・トムソン
国連SG海洋担当特使
パートナーイベント COP28

COP28におけるDAFQAオープンプログラム

12月2日(土 アラブ首長国連邦標準時 ⏰ 10:00 am - 01:00 pm 📍 Jameel Arts Centre, Dubai

COP28の機運を早期に盛り上げるため、Community Jameelの海洋プログラムであるDAFQAは、議論を促進し、海洋保護のための行動を喚起し、COP28の議題で水と海洋が目立つようにすることを目的としている。コミュニティ・ジャミールとユネスコ政府間海洋学委員会(IOC/UNESCO)が共催する2つのパネルディスカッションでは、財団、専門家、アーティストが一堂に会し、私たちと海との関係をどのように再構築し、アラブ地域の喫緊の海洋問題にどのように取り組むことができるかを探る。

このイベントはCommunity Jameelとのパートナーシップにより開催される。

海洋の10年財団対話気候変動対策のための海洋科学における効果的な行動のための慈善協力

12月3日(日 アラブ首長国連邦標準時 ⏰ 01:15 pm - 02:45 pm 📍 気候行動のための科学パビリオン 🟦 ブルーゾーン

このイベントの目的は、北と南の慈善団体が、気候変動対策のための海洋科学における活動や業務について経験を交換し、投資のための共通のアプローチやベストプラクティスを特定することである。特に、「海洋の10年」を通じた気候変動対策に必要な総合的な視点を確保し貢献するために、これらの機関が、国、地域、世界という異なる状況の中で、どのように活動し、その戦略的プロジェクトをUNFCCCに関連する国連のプロセスや、公共部門、民間部門、市民社会と協力・連携させているかに重点が置かれる。

このイベントは、ベルックス・フォンデンモナコ公アルベール2世財団フィランソロピー・コルテス・ソラーリMERI財団とのパートナーシップにより開催される。

エンジニアリング - 海洋科学を気候変動対策に

月曜日, 4 12月 アラブ首長国連邦標準時 ⏰ 08:00 am - 09:00 am 📍 オーシャン・パビリオン 🟦 ブルーゾーン

気候変動が海洋を変貌させる中、革新的なエンジニアリングは回復力の構築に不可欠です。COP28において、ロイド レジスター財団とIOC/UNESCOは、現実の海洋ソリューションを推進する主要なイノベーターを結集します。新しい技術や分野横断的なアプローチを取り入れることで、気候変動に対する回復力を高めるためのスケーラブルな行動がどのように実現されるかをご紹介します。海洋の健全性を確保し、持続可能な未来のために国際協力を推進する上で、エンジニアリングが極めて重要な役割を果たすことを探求します。

このイベントはロイド レジスター財団とのパートナーシップにより開催される。

海洋を基盤とした気候変動の野心拡大のための調整:国連海洋局の視点

月曜日, 4 12月 アラブ首長国連邦標準時 11:30 am - 01:00 pm 📍 SEルーム7 🇷 ブルーゾーン

国連海洋機関(UN-Oceans)は、気候変動に配慮し、生態系を重視した持続可能な海洋管理と海洋計画のための調整を行っている。グローバル・ストックテイク(GST)と野心の高まりを念頭に、このサイドイベントでは、国連海洋機関が海洋を基盤とした緩和と適応のために、いかにして国や国際レベルで相乗効果を生み出しているかを紹介する。

海洋の10年」データ事業における産業界の役割

12月4日(月 アラブ首長国連邦標準時 ⏰ 05:00 pm - 06:00 pm 📍 オーシャン・パビリオン 🟦 ブルーゾーン

海洋の10年」データ・情報戦略は、海洋データの発見、アクセス、利用、共有を容易にするグローバルなデジタル・エコシステムを実現する。この目標を達成するためには、セクターを超えた協力が不可欠である。このパネルディスカッションでは、「海洋の10年」データ事業において産業界が果たす役割について、主に、企業がプライベートな海洋データへのパブリック・アクセスを提供するための戦略、公平な枠組み、ベスト・プラクティスを開発するために設立された企業データ・グループの活動に焦点を当てて議論する。

このイベントはフグロが主催する。

詳細

スタートします:
11月30 、2023
終了します:
12月12 、2023
イベントカテゴリです:

会場風景

UNFCCC COP28、ブルーゾーン
エキスポシティ・ドバイ
ドバイ, アラブ首長国連邦

オーガナイザー

海の10年
主催者ホームページを見る

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。