アクション

海洋の10年」アクションの賛同者の紹介

絶滅危惧種・回遊性海洋生物の科学

太平洋環境計画事務局 - サモア

持続可能で公平な海洋経済の発展、北太平洋、プロジェクト、生態系と生物多様性の保護と回復、南太平洋、気候変動に対する海洋ベースの解決策を解き放つ

太平洋環境計画事務局(SPREP)は、「地域海洋生物種計画および行動計画2022-2026」の第4版の編集・印刷を進めているところです。

これらは、クジラとイルカ、ウミガメ、ジュゴン、サメとエイ、海鳥という5つの優先海洋種グループの保全と管理の優先順位に関する戦略的ガイダンスを提供するものである。

各生物種の行動計画には9つのテーマがあり、また、すべての生物種を統合した総合的な多生物種行動計画にもテーマが設定されています。これらのテーマは、研究とモニタリング、気候変動、生態系と生息地の保護、脅威の軽減、文化的意義と価値、法律、政策、管理、エコツーリズムと生計、能力開発と協力、教育、意識向上、コミュニケーションである。

このプロジェクトは、「海洋の10年」プログラムPacific solutions to save our ocean: an integrated ocean science programme towards the healthy Blue Pacific Continent to Sustain future generationsによって主催されています。

開始日:2022年1月1日
終了日:2026年12月31日

リードコンタクトカレン・ベアード(karenb@sprep.org)