世界海洋データベース計画(WODP):公開、発見可能、アクセス可能、適応可能で、包括的な、既知の品質のデジタル地球プロファイル海洋データ

世界海洋データベース計画(WODP):公開、発見可能、アクセス可能、適応可能で、包括的な、既知の品質のデジタル地球プロファイル海洋データ

世界海洋データベース計画(WODP):公開、発見可能、アクセス可能、適応可能で、包括的な、既知の品質のデジタル地球プロファイル海洋データ 800 266 海の10年

リード機関です:

米国海洋大気庁(NOAA) - アメリカ合衆国(USA)

各国は、あらゆる空間的・時間的スケールにおいて、現在および今後発生する科学的・社会経済的問題に対処するために、既知の品質の海洋プロフィール・データにアクセスする必要がある。

課題は、データ利用者が、多様なデジタル形式で存在する膨大かつ増大するグローバルな分散データにアクセスできないことである。この課題を解決するのが、世界海洋データベース(WOD)である。WODは、1778年から現在までのデータを含む、世界最大の無制限、統一フォーマット、品質管理されたデジタル海洋プロフィールデータベースである。

WODは、世界データシステムの一部であるWorld Data Service for Oceanographyからのデータを含む、海洋気候必須変数(EOV)、プランクトン、その他の変数の海洋データを世界中で取得・受信しています。WODはNOAAにホストされており、政府間海洋学委員会(IOC)の国際海洋学データ交換(IODE)のプロジェクトの一つでもあります。

WODは、IOCと世界気象機関(WMO)の共同システムである海洋気候データシステム内の海洋気象・海洋気候データセンター(CMOC)です。NOAAは、IODEとのパートナーシップのもと、クラウドサービスを利用したデータインジェストツールを開発し、ベルギーのIODEプロジェクトオフィスに配備することを提案しています。

この取り組みは、IONEのODIS(Ocean Data and Information System)をベースにしており、世界中の国立海洋学データセンターやその他のデジタルリポジトリーが、(i) WODに海洋データをアップロードし、(ii) 統一された相互運用可能なフォーマットでデータを取得できるようにするもので、付加価値のある提案です。ビジョンは、オープンに発見可能で、アクセス可能で、適応可能な品質既知のデジタルプロファイル海洋データを実現することです。

開始日6/1/2021
終了日1/1/2023

リード・コンタクトエルナン・ガルシア(hernan.garcia@noaa.gov)

課題海洋のデジタル表示の作成、持続可能で公平な海洋経済の発展、生態系と生物多様性の保護と回復、気候変動に対する海洋ベースのソリューションの実現。
海洋海盆北極海、インド洋、北大西洋、北太平洋、南大西洋、南太平洋、南氷洋
タイプ_オブ_アクション貢献

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。