海底2030と海洋地図作成の推進

海底2030と海洋地図作成の推進

海底2030と海洋地図作成の推進 800 266 海の10年

リード機関です:

米国海洋大気庁(NOAA) - アメリカ合衆国(USA)

10年計画「海底2030と海洋マッピングの推進」は、海洋の包括的なデジタル表示の開発に貢献する。

世界の海のうち、現代の基準で地図が作成されているのはわずか20%であり、海の多くの部分は最新のマルチビームソナーで包括的に調査されていません。海洋の完全な地図は、「10年」の望ましい成果を得るための重要な出発点であり、適切な地図を作成できなければ、「私たちが望む海」を世界的に実現することができません。

開始日15/1/2021
終了日15/1/2030

リード・コンタクトトリーシャ・バーグマン(trisha.bergmann@noaa.gov)

課題4- 持続可能な海洋経済、6- 沿岸レジリエンス、7- 海洋観測、8- 海洋のデジタル表示、9- 能力開発。
海洋海盆北極海、インド洋、北大西洋、北太平洋、南大西洋、南太平洋、南氷洋
タイプ_オブ_アクション貢献

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。