OBIS 2030 - 「海の10年」行動計画における生物多様性データハブ

OBIS 2030 - 「海の10年」行動計画における生物多様性データハブ

OBIS 2030 - 「海の10年」行動計画における生物多様性データハブ 2560 1256 海の10年

リード機関です:

IOC/UNESCOのIODEによる海洋生物多様性情報システム - ベルギー

OBISクリアリングハウスメカニズムを通じて、OBIS2030は、標準化され、品質管理され、管理されたデータからなる生物多様性データハブを提供し、意思決定者に合わせた情報を作成し、海洋生態系の保護と回復、海の生命の保護に貢献します。

OBIS 2030は、以下の方法でこれを実現する:

  1. OBISへの過去のデータや新しいデータの流れを改善し、生物多様性のデータ管理や一貫した方法でOBISにデータを提供するための次世代の科学者や海洋専門家を訓練し、(10年間の活動のクラスターを通して)実践の共同体を協力し、まとめ、能力開発やデータ動員活動を組織または支援する;
  2. 報告書や評価プロセスに直接反映させるため、世界、地域、国家規模で情報製品を作成し、出版する;
  3. 海洋のデジタル表現(デジタル・ツイン)の開発におけるイニシアチブを支援し、品質管理されたデータを提供する;
  4. 情報製品の設計と取り込みにおいて利害関係者を関与させ、緊密に協力し、地域の利害関係者会議を支援する。
  5. 具体的な目標を設定し、その進捗状況を追跡して定期的な進捗報告書を作成し、一貫したコミュニケーションとアウトリーチ戦略を実施する。

このプロジェクトは、「海洋の10年」プログラム「マリンライフ2030」が主催しています。

開始日01/01/2023
終了日31/12/2030

リードコンタクトウォード・アペルタンス(w.appeltans@unesco.org)

challenges: 7- Ocean Observations, 8- Digital Representation of the Ocean, 9- Capacity Development
host_programme: Marine Life 2030
OCEAN_BASINS:すべての海洋盆地
type_of_action: Project, United Nations Action

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。