白井研究所 生体分子観測ネットワーク

白井研究所 生体分子観測ネットワーク

白井研究所 生体分子観測ネットワーク 2000 1334 海の10年

リード機関です:

トゥーラ財団 - カナダ

HI-BONは、カナダのブリティッシュ・コロンビア州のパートナーが高度に連携したネットワークで、海洋生物多様性の長期的な遺伝子ベースの評価を用いて、ベースラインの作成、時間経過による変化の追跡、遠隔地における地域規模の生物多様性データの提供などを行っています。

この研究の分類学的焦点は幅広く、魚類、無脊椎動物、微生物の多様性を定量化することが中核的な取り組みとなっています。生体分子のサンプリングは2014年11月にハカイ研究所で始まり、現在ではBC州沿岸で毎月サンプルを収集する20以上のパートナーからなる大規模なネットワークに発展しています。私たちのネットワークは、次のことを重視しています。1.BC州における生体分子モニタリングアプローチの標準化、グローバルなOBON標準との整合を目指す。2.2. 地域社会とのパートナーシップを構築し、空間的・時間的な範囲を拡大することにより、能力を向上させる。3.3. BC 州水域とそれ以外の地域の保全と持続可能な管理を支援するため、データを公開し、地域と世界のコミュニティ(GOOS など)の幅広いパートナーの連合体に貢献する。

このプロジェクトは、「海洋の10年」プログラム海洋生体分子観測ネットワーク(OBON)が主催しています。

開始日08/06/2022
終了日20/12/2030

リードコンタクトコリーン・ケロッグ(Colleen Kellogg) (colleen.kellogg@hakai.org)

課題:2- 生態系と生物多様性の保護と回復、7- 海洋観測、9- 能力開発
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。