C-SCOPEの活用法

C-SCOPEの活用法

C-SCOPEの活用法 2560 1256 海の10年

リード機関です:

連邦海事水路庁(BSH)、GEOMAR(ヘルムホルツ海洋研究センター・キール)、IOW(ライプニッツ・バルト海研究所・ヴァルネミュンデ)、IDOS(ドイツ開発・持続性研究所)、ドイツ、UERJ(リオデジャネイロ州大学)(ブラジル

10年プロジェクト「C-SCOPE in Action」は、その時間枠と目標において、現在進行中の作業を取り込み、さらにそれを超えるものです。

C-SCOPEは、この10年プロジェクトに基づく共同プロジェクトで、海洋炭素観測を強化することを目的としています:

  1. SOOP(Ship of Opportunity)ラインによるCO2吸収能力の測定
  2. BGC-ArgoとSOOPラインの表面計測を接続し、より良い観測データプロダクトのための相乗効果を探る。
  3. 海洋CO2観測の構造的側面とその意味を評価し、オープンオーシャンサイエンスのコンセプトを構築する。

10年プロジェクトC-SCOPE in Actionは、その時間枠と目的において、現在進行中の作業を取り込み、それを超えるものである。特に、上記の観測システムを持続的に維持し、得られた知見を海洋炭素コミュニティ、特に世界海洋酸性化観測網(GOA-ON)および関連する「海の10年計画」の海洋酸性化研究(OARS)に貢献し、データベース間の相互運用性を強化することを目的としています。

このプロジェクトは、「海洋の10年」プログラムOcean Acidification Research for Sustainability (OARS)が主催する。

開始日01/01/2021
終了日31/12/2025

リードコンタクトMatthias Wunsch(matthias.wunsch@bsh.de)

課題5-海洋と気候のネクサス、7-海洋観測、9-能力開発
ocean_basins北大西洋、その他、南大西洋
タイプ_オブ_アクションプロジェクト

10年

私たちが望む海のために必要な科学

連絡先

次のイベント

ニュースレターを購読する

オポチュニティーズ

参加する #オーシャンディケイド

プライバシー設定

お客様が当社のウェブサイトを訪問される際、ブラウザを通じて特定のサービスからの情報を、通常はクッキーの形で保存することがあります。ここでは、プライバシーに関する設定を変更することができます。なお、クッキーの種類によっては、クッキーをブロックすることで、当社ウェブサイトでのご利用や、当社が提供するサービスに影響を与える場合があります。

パフォーマンスとセキュリティのため、Cloudflareを使用しています。
必須

ブラウザでGoogle Analyticsのトラッキングコードを有効/無効にする

ブラウザでGoogleフォントの使用を有効/無効にする

ブラウザへの動画埋め込みを有効/無効にする

プライバシーポリシー

当社のウェブサイトは、主にサードパーティのサービスからクッキーを使用しています。プライバシーに関する設定を行うか、クッキーの使用に同意してください。