アクション

海洋の10年」アクションの賛同者の紹介

世界的な海洋酸性化観測システムのための変革の10年

米国海洋大気庁(NOAA)

世界の海洋観測システムの拡充に貢献

海洋酸性化(OA)は、主に人為的な大気中の二酸化炭素(CO2)の海洋への取り込みに起因する、海水の酸性度(pH)の継続的な増加を観測している。

海の化学変化の速度は、世界中の一連の観測所で測定されており、2100年までに予想される状況は、海洋生物にいくつかの悪影響を及ぼすと考えられています。OAとその影響を理解するには多くの課題が残されています。OAとその影響をしっかりと理解するためには、炭酸塩化学、海洋物理学、生物化学、生態学、生物学、天然資源経済、その他の社会科学やハードサイエンスなど、学際的なモニタリングや研究が必要です。また、これらのデータを分析し、評価し、応用できるグローバルな人材も必要となります。この10年計画では、次世代のセンサーの開発、新しい専門家の育成、正確な測定のための材料の確保、観測不足の地域の補完などにより、CO2観測システムを拡大します。また、一般に公開されているデータをステークホルダーに有用な製品として提供するための能力を構築します。

連絡先: meredith.kurz@noaa.gov