2022年国連生物多様性会議

#COP15

COP15における「国連持続可能な開発のための海洋科学の10年(2021-2030)」の取り組みについて

2020年以降の生物多様性地球規模枠組みは、生物多様性に関するこれまでで最も野心的な世界計画であり、2022年12月7日から19日までカナダのモントリオールで開催される生物多様性条約第15回締約国会議での交渉の中心的な焦点となる予定です。

2030年アジェンダの達成に大きく貢献するこのフレームワークは、自然と調和した世界の創造を目指しており、海洋と沿岸の生物多様性に一層の焦点をあてています。このフレームワークの実施を成功させるには、関連する海洋科学と知識の創出と取り込みへの投資を拡大し、科学と知識を拡張可能な行動と実用的な解決策に転換するために、多様な関係者の間でパートナーシップを構築することが必要である。

ユネスコ政府間海洋学委員会は、「持続可能な開発のための海洋科学の10年」のコーディネーターとして、COP15で旗艦となる海洋イベントを開催することを喜ばしく思っています。

AN OCEAN OF LIFE: ポスト2020年生物多様性グローバルフレームワークにおける海洋・沿岸域の生物多様性に関する知見と解決策

12月16日(金) ⏰ 08:30 - 13:00 EST 📍 Rio Conventions Pavilion 🝶 Blue Zone

本イベントでは、2020年以降の枠組みの中で、海洋・沿岸生態系における知識から行動へ移すための課題と機会を探ります。政府、科学、産業、慈善団体からハイレベルな講演者を招き、政策や意思決定に必要な様々なユーザーグループのデータ、インフラ、知識のニーズを探り、気候変動における海洋生物多様性の保全と回復のためのグローバルなソリューションを紹介します。

また、このイベントは、2020年以降の枠組みの野望を達成するための「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」の役割に焦点を当てた新しい主要出版物を発表する予定です。

プログラム✨の概要

⌚ 8:30 - 9:00受付・コーヒータイム

⌚ 9 :00 - 9:20 ハイレベルオープニング

  • オードリー・アズレイ ユネスコ事務局長
  • Elizabeth Maruma Mrema, CBD 事務局長
  • ピーター・トムソン 国連事務総長特使(海洋担当)大使
  • 英国環境・食料・農村地域省長官テレーズ・コフィー閣下
  • ターニャ・プリベルセク オーストラリア環境・水担当大臣H.E.
  • ヨッヘン・フラスバルト( ドイツ連邦経済協力開発省事務次官

9 :20 - 9:30 基調講演:気候変動下における海洋の生物多様性と生態系サービスの位置づけ

  • CORDIO東アフリカの創設者であるデイビッド・オブラ氏

9:30 - 10:45 セッション1:政策と社会における海洋・沿岸の生物多様性知識の必要

モデレーターエレン・ストファン(スミソニアン協会科学研究担当次官
  • ダルハウジー大学研究部門副学長(海洋)、海洋フロンティア研究所の科学ディレクター兼CEO、アーニャ・ウェイト
  • スティーブン・ディキンソン トータルエナジー社 グループ生物多様性スペシャリスト兼シニア・エンバイロメント・アドバイザー
  • マル・ヌネス(ボティカリオ・グループ財団専務理事
  • ニューファンドランド記念大学 研究教授Paul Snelgrove
  • Steve Widdicombe, プリマス海洋研究所科学部長, GOA-ON共同議長, OARS共同リーダー
  • サルガッソー海委員会 海洋研究員フェイ・サップスフォード

10:45 - 11:15 ☕コーヒーブレイク

11:15 - 12:30セッション2:気候変動下における海洋生物多様性の保全と回復のための解決

モデレーターは ヴェラ・アゴスティーニ 国連食糧農業機関FAO漁業・水産養殖部副部長
  • Alice Ortmann カナダ漁業海洋省研究員、AORA海洋微生物学ワーキンググループ共同座長
  • ローレライ・ピコート(Ocean and Climate Platform エグゼクティブ・ディレクター
  • Clement Yow Mulalap, ミクロネシア連邦国連政府代表部 法律顧問
  • キム・フリードマン FAO 海洋・内陸漁業部 シニア漁業資源オフィサー
  • フランシスコ・アルマンド・アリアス・イサザ(INVEMAR 海洋・沿岸研究所ホセ・ベニト・ビベス・デ・アンドレリス所長
  • アンドリュー・ローズ(メキシコ、多国間問題・人権担当次官付海洋担当特使

12:30 - 12:452030年までの国連条約と政策プロセスにおける共同行動の優先順位

  • ジュリアン・バルビエール IOC-UNESCO海洋政策・地域調整部門長、「海の10年」コーディネーター
  • ジェーン・ルブチェンコ ホワイトハウス科学技術政策局 気候・環境担当副局長
  • H.E. Razan Al Mubarak, COP28 UAE代表
  • オリヴィエ・ポワブル・ダルヴォル( フランス極地・海洋問題担当大使

⌚ 12:45 - 13:00ハイレベルクロージング

  • ノルウェー気候環境大臣エスペン・バルト・エイデ閣下
  • ジョイス・マリー カナダ漁業海洋・沿岸警備隊大臣閣下
  • ウラジーミル・リャービニン ユネスコ政府間海洋学委員会事務局長、ユネスコ事務局長補

プログラムダウンロード

Twitterでライブをフォローしよう

Slido.comから イベントに参加する (コード: OceanDecade)

海の10年」アクション動画プレイリスト